カテゴリ:おでかけ( 106 )

盂蘭盆会

少し前のこと。
美しい風景の中に建つお寺にお参りした。
街を抜けて、沢沿いに車を走らせると、美しい田園風景が続く。
途中には集落の人々が大切に守っている『庚申塚』があったり、古い茅葺屋根の家があったりする。
e0298164_17593394.jpg

ここもどなたかのお宅の納屋だと思うが、古い建物ながら手入れしながら丁寧に使っているのが伺えた。
e0298164_181196.jpg

山門をくぐってお寺に入る。
振り返ると山門から黄金色に変わりつつある、田んぼが見える。
e0298164_1845489.jpg

普段は信心など及ばない暮らしだが、ここに伺うと心が引き締まる思いがする。
品のいい御香が漂い、中はいつも清らかだ。
手を合わせたあと、御住職が淹れてくださったお茶を頂く。
人生の節目の中でも、もっとも荘厳な時に立ち会う方であるが、そのお人柄ゆえに、話題豊富でいい話をたくさんしてくださる。
e0298164_18121530.jpg

寺を出て後ろの山を仰ぐ。
銀杏の大木の樹齢は果てしない年数だろう。
e0298164_1810568.jpg

山に囲まれて広がる田園は緑色から秋の色に変わる途中だ。
ずっと眺めていたいほど美しいところだ。
e0298164_1814411.jpg

*********************************************************
花火
 雨で心配したが、今夜無事に大曲の花火大会が開催されている。
 我が家は家で花火を観ている。
e0298164_2043072.jpg

 花火のごちそう 手巻き寿司と麦酒
e0298164_20465244.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2015-08-22 20:46 | おでかけ

揺れる稲穂

今年の竿燈祭りは雨の心配がなさそうだ。
7時過ぎ、自転車で会場まで走る。
会場が近づくにつれて、浴衣姿の女の子たち、
ガラガラとかばんを引く観光客らしき人たちとすれ違う。
友人のマンションに自転車を置き、一緒に出かける。
笛の合図で竿燈がいっせいに立ち上がる。
祭りの始まりは毎年緊張感とわくわく感が入り乱れる。
e0298164_21253278.jpg

五穀豊穣を願う 秋田の竿燈祭り
子どものころは千秋公園の入り口で見ていた。
今、蓮が美しいお堀に提灯のあかりがゆらゆらと映りきれいだった。
e0298164_2128662.jpg

どっこいしょ、どっこいしょという観客の掛け声、揚げる人たちの表情は真剣だ。
昼は妙技会に出て、夜の本番、たぶんそのあと町内に戻りもう一度揚げ、飲み会へ・・・・・。
三日目ともなるとかなり疲れが出ていると思う。
でもこれだけの人たちの注目の元、一生懸命がんばっている。
竿の先端につけられた御幣が風に揺れる様子は、
『ねぶりながし』という言葉を連想させ、そしてまた荘厳な気持ちになる。
竿燈は昭和の初めごろまで「ねぶり流し」と呼ばれていた。
e0298164_2137453.jpg

お囃子の太鼓も打ち始めからかなり時間がたって調子づいてきた。
若いエネルギーが炸裂している。
広い場所に移動し、眺めてみた。
まさに黄金色に実った稲穂のように、竿燈が揺れる。
美しき夜祭 秋田の竿燈
e0298164_21401123.jpg

大通りから路地に入ると案外静かだった。
秋田の老舗料亭『濱乃家』大正7年創業
このような建物は昼間より明かりが灯ると命が吹き込まれたように美しく見える。
e0298164_21514671.jpg

友人と別れ、川反を後にする。
もう一軒、ここは割烹 明治19年創業『かめ清』
玄関側よりも、川の方から見たうしろ姿のほうが好きだ。
e0298164_21555033.jpg

寄り道はこれくらいにして、混まないうちに帰った。
明日で竿燈も終わってしまうな~。
[PR]
by hanamomo06 | 2015-08-05 21:44 | おでかけ

竿燈まつり

子どものころは三日間だけだった竿燈祭りが四日間になったのはいつだったのだろう。
母も大の祭り好きで、土砂降りでもなければ三日間出かけていた。
いつも陣取る場所があって、そこで一緒になる親子がいた。
私たちは、途中で帰ると時、座りたい人に譲ってこれるように、敷物はいつも新聞紙だったが、その人たちは毎年小さな座布団を持ってきていた。
あのお母さんは元気だろうか。

今日は母が出かけたので、炎天下の中、祭りに出かけてみた。
32度でもかなり暑い、でも湿度が低いのが救いだった。
お堀の蓮は満開で、ゆっくりとそれを見ながら大町まで行った。
e0298164_2273453.jpg

旧金子邸で 秋田民謡を聴く。
今年も聴き応えのあるすばらしい民謡ばかりだった。
この男性が歌ったのは『秋田長持ち唄』
情感たっぷりに、しっとりとした歌いあげた。
遥か昔、私たちの披露宴でも民謡の上手い夫の上司が歌ってくれた。
あの日も朗々としたすばらしい長持ち歌だった。
e0298164_22153465.jpg

また外に出ると、日差しはさらに強くなってた。
クラフトショップに寄る。
そこは少し前まで古い酒屋さんだった。
大きな木が木陰を作ってくれ、とても涼しかった。
e0298164_22175535.jpg

妙技会会場にも寄る。
差し手も、お囃子も、皆がんばっていた。
e0298164_22202051.jpg

浴衣姿のお嬢さんもたくさん見た。
こんな浴衣もいいなあ~と思い、美しいうしろ姿を一枚撮らせていただいた。
e0298164_22224048.jpg

*********************************************************
おべんとう
 アイナメの味噌漬け、胡瓜のからし漬け、ポテトサラダ、卵焼き
e0298164_2223543.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2015-08-04 22:24 | おでかけ

街へ

久し振りに母を街へ連れ出した。
これといって買いたいものはないらしいが、『アイスクリーム、美味しいパン、野菜や魚の値段が知りたい・・・・』食べ物にはかなり執着があるようだ。(笑)
洋服も気に入ったのが合ったら買ってあげたいと思い、疲れないうちにお店へ行ったが、気に入ったものはなかったようだ。
本屋さんへ行った。
知り合いの人の本が平台に積まれていた。
母は『季節』のことを書いた本を一冊選んだ。
e0298164_2202011.jpg

アイスクリームやさんで一休みし、食品売り場へいく。
好きなパンを選び、お昼のお弁当を買って帰宅した。
久し振りの人混みの中はかなり刺激的で、ちょっと疲れたようで午後は気持ちよさそうに昼寝していた。
引率もかなり疲れた(笑)
e0298164_2251513.jpg

*********************************************************
おべんとう
 ゆかりご飯、卵焼き、ひじき、空豆、きゅうりのハム巻き
e0298164_2273674.jpg


母とお昼に食べた大館の鶏めし
e0298164_2293921.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2015-07-02 22:09 | おでかけ

公園へ

今朝も朝日の当たる隣家の庭先に猫の家族がいた。
朝一番先に目があったしろちゃん。
e0298164_2195838.jpg

お留守にすることが多い家だし、庭は我が家同然自然のまま、だから子猫たちにとってはフィールドアスレティックのようなもの。
草の中に突進したり、お母さんの動く尻尾にじゃれたり、黙ってみていたら、朝ごはんの準備が遅れた。(笑)
活発なしろちゃんが珍しくお母さんのそばに座っていた。
(ことわりなく隣家の庭を撮るのは、ちょっと気が引けるが・・・・)
e0298164_21113795.jpg

日が高くなって暑くなると全員で涼しいところに移動する。
ずっと見ていたかったが、私も公園に出かけた。

千秋公園は四季折々の楽しみがある。
池に真っ白の睡蓮が見えた。
e0298164_21163457.jpg

池の中にせり出している藤の花が終わり、今は白い睡蓮が咲き、アメンボ、糸トンボ、しおからトンボを見つけた。
e0298164_21185586.jpg

6月はベリーが熟す季節、この公園は『桑』がとても多い。
e0298164_2121898.jpg

赤い実が濃い紫色に変わると甘くなった証拠。
e0298164_2124382.jpg

手が届く範囲で採って食べてみた。
すごく甘い!もう一つ、もう一つと口に入れた。
e0298164_21233616.jpg

春に白い花吹雪を見せてくれたこりんごの木にも小さな実がついていた。
これが秋には真っ赤になってさくらんぼのようになる。
e0298164_21281376.jpg

たっぷりと1時間半歩いて久し振りに図書館へ寄った。
角館の作家『塩野米松さん』の本を借りた。
**********************************************************
晩ご飯
 夏が近づいて地元の野菜が美味しくなってきた。
 帰りに、新じゃが、スナップエンドウ、ミニトマト、ささげ、ブロッコリーなど買う。
 
 スナップエンドウの塩茹で、ミニトマト
 たけのこと蕗の煮物
 タヌキメバルの味噌漬け
 食卓がカラフルになって楽しい♪
e0298164_21345190.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2015-06-23 21:34 | おでかけ

ワインとチーズのある生活

ぎゃらりーから美味しそうな版画展の案内が届いた。
版画家『碓井美和さん』の木版とエッチングの作品が並ぶ、『ワインとチーズのある生活』
ハリネズミがワイングラスに入っていて、ワインが注がれるのを待っている『ハリネズミの妄想』はなんともユーモアがあって楽しくなる作品だった。

ワインとチーズをこよなく愛する作家さんだけあって、版画にしているワインのボトルのラベルは正確そのもの。
おしゃれな作品を拝見していたら、そこにチーズとワインのお店の奥様が見えて、いろいろ教えていただいた。
ヤギのチーズの話し、格のある高級なワインの話、赤と白のワインの話しなどなど・・・・本当に楽しかった。
ワインの好きなAKITTYさん 楽しかったですよ!近くまでお出かけの際は是非!
e0298164_20361223.jpg


久し振りに千秋公園のお堀を歩く。
睡蓮が咲いていた。
蓮もこれから大きくなってくる。
29℃近くあった暑い一日だったが、心地よい風も吹き、新鮮な産直野菜をたっぷり買って帰った。
e0298164_20403653.jpg

**********************************************************
今夜はワインでなくビール♪
 鶏ムネ肉のピリ辛焼きで麦酒を飲む♪
 添えたのはコールスロー
e0298164_20434934.jpg


おべんとう
 きすのフライ、卵焼き、すき昆布の煮物、カリフラワー
e0298164_20451716.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2015-06-18 20:45 | おでかけ

夏だ~

昨日は群馬で突風が吹き、雹が降り、とても不安定な天気だったようだ。
今日の秋田は朝から暑く、真夏のような天気だった。

久し振りに友人と会う。
秋田の森で採った蔓や木の皮で編まれた籠展へ行き、あらためて自然豊かな秋田を感じた。
胡桃の木の皮、葡萄の木の皮、それと麻で編まれた袋物など、手仕事のすばらしさも感じた。
会場には大きな山帽子の枝が飾られ、真っ白な花が咲き、初夏の森のようだった。

その後お昼ご飯を食べに行った。
揚げたての天ぷらを男鹿の藻塩で食べた。
半袖で出かけたら冷房が強く、帰り際に熱いお茶をいただいた。

駐車場まで懐かしい道を歩く。
衣替えした高校生達と会う。
白いブラウスにオーガンジーの紺のリボンが可愛い♪
お化粧もしていないが、ピチピチの肌の彼女達におばさんふたりは嫉妬心を抱いた。
目の前に蔦で覆われた建物があった。
e0298164_20545616.jpg

窓の様子や建物の周りなど検証したら、人は住んでいなそうだった。
位置を変えて見てみると、夏の花 『タチアオイ』が咲いていた。
この花を見ると夏だな~と思う。
e0298164_2057190.jpg

タチアオイの咲く道をたどっていくと、小さな旅館があった。
秋田に出張してくる人たちの宿になっているのかな。
大きなホテルが増えている中、こんな小さな旅館が健在であることが嬉しかった。
e0298164_2124918.jpg

************************************************************
帰宅して・・・・・
 家からさほど離れていない場所でもお出かけは楽しいし、新鮮だ。
 あちこち建物を見て歩くのは楽しい。
 この友人とは来月にも出かえる予定がある。
 7月はまた風景が変わっていることだろう。

 夏野菜が美味しくなった。
 完熟になったトマトを冷やす。
e0298164_218242.jpg

 美味しいトマトは塩トマトが一番美味しい。
e0298164_21103855.jpg


おべんとう
 梅干し炒飯
e0298164_21111390.jpg

 
[PR]
by hanamomo06 | 2015-06-16 21:11 | おでかけ

美術館へ

『田園にて』秋田の風景・子ども・女たちという企画展へ
日曜日の午後とてもいい時間を過ごした。

木村伊兵衛の撮った秋田の風景、秋田の写真家 千葉禎介が撮った秋田(木村伊兵衛の案内役の一人)、秋田を描いた高橋万年、勝平得之の4人の作品を通してみたすばらしい企画展だった。
久し振りの心の充電、楽しかったな~。

雨の水庭
e0298164_17451160.jpg

ほたるぶくろが咲いていた。
e0298164_17454521.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2015-06-14 17:36 | おでかけ

木々それぞれ

料理家の堀井和子さんはご主人が秋田の方ということで、秋田のことをよくご存知だ。
昨日私が出かけた植物園にも何度か足を運ばれたようで、『北東北のシンプルをあつめにいく』という本に書いている。
堀井家の家紋が蔓柏だそうで、秋田に育つ柏の木を見たいと思って出かけたと書いている。
なんと素敵な発想だろうか。
私の祖母は「ご飯を炊く」ということを『ままかしぐ』といっていた。
かしぐは炊くと書き、昔は食べ物を盛る葉のことをカシワと呼んでいたらしい。
だからカシワは炊葉と書いたという。(堀井さんの本から)

昨日はユリノキの花にも会った。
e0298164_21265471.jpg

これはつくばね空木
これは大きくなって羽子板の羽になったものをブログの友達が送ってくれた。
e0298164_21275477.jpg

ハンカチの木
これも山帽子と同じで白い苞がハンカチのように見えるのでついた名前だという。
もう苞のなかにある実が大きくなっていた。
白い苞葉が下がっているので『幽霊の木』とも呼ばれるという。
e0298164_21311927.jpg

ハンカチの木の下に立つとこんなにきれいな緑。
e0298164_213315.jpg

高い木の隙間から青空が顔を出した。
案内人のKさんは穏やかな笑顔の素敵な方で、リタイア(想像だけど)後のこのような活動はいいなあ~とほほえましく思った。
e0298164_21361567.jpg

たっぷりと楽しんだ森林浴、初夏の白い花に囲まれてとても幸せだった。
今度はお弁当を作ってきたいな♪
e0298164_21463375.jpg

*********************************************************
休日のひるごはん
ちょっと夏向きの稲荷寿司
にんじんの千切り、舞茸のみじん切り、それにきゅうりの千切りを固く絞って入れて、ちょっと夏らしい酢飯にした。
太巻きなどにも入っていることがあるきゅうりを入れてみたら食感がよく美味しかった。
e0298164_21412767.jpg

朝採りのブロッコリーと蒸したかぼちゃをマヨネーズで和えたもの
e0298164_2142153.jpg


午後三時の光の贈り物
 
e0298164_21432739.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2015-06-07 21:43 | おでかけ

開放感

風邪が治った母は、10日ぶりにリハビリに出かけた。
気温22度、風は少し強いが森林浴にはもってこいの天気だ。
秋田市郊外の『植物園』へ出かけた。
東京ドーム二つ分の敷地には、様々な木々や植物が植えられている。
自生しているものも多くあり、散策も楽しい。
入り口の芝生の広場には外国の木々が植えられている。
高い木が多く、新緑に染まってしまいそうな美しさだった。
e0298164_222278.jpg

これはユリノキ、木漏れ日がキラキラ
e0298164_2234542.jpg

我が家のエゴの花はもう終わりに近いのに、太平山の麓に当たるこのあたりは今花の盛りだった。
e0298164_2251798.jpg

植物園のボランティアの方が案内してくださった。
山帽子の花、秋には赤く、甘くなる実がついていた。
白く花のように見えるのは苞といって葉が変化したものと教えてくださった。
e0298164_2292013.jpg

これは『つる紫陽花』
額紫陽花の原種はこの花なのだろうか?
e0298164_22102080.jpg

エゴ、やまぼうし、つるあじさいと続きまた白い花
花の名前を教えてもらったのにもう忘れてしまった。
e0298164_22141181.jpg

真っ白くなるほど散った花を見て、稲葉京子のこの歌を思い出す。
『時いたり肩にこぼるるえごの花めぐみのやうなほろびのやうな』
散ってなお美しく、こうして花は土に返っていく。
 
水辺に咲く 濃い色の『空木』
秋田では忌み嫌われる花だが、この植物園に来る外国の方たちはこの花をとても好むそうだ。
e0298164_22269100.jpg

                           つづく
*********************************************************
晩ご飯
 鶏のから揚げ
 近隣の農家の朝採りブロッコリーがとても美味しい。
e0298164_2229386.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2015-06-06 22:29 | おでかけ


*いらっしゃいませ*


by hanamomo06

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体

郷土料理
自然
おでかけ
日々のこと
食べ物
おいしいもの
料理
いいもの
母の思い出話
季節の行事
うれしいこと

懐かしいこと
家で・・・
秋田
お菓子
未分類

最新の記事

引っ越します
at 2015-09-01 21:20
美辞麗句
at 2015-08-31 20:11
桂の木
at 2015-08-30 20:54
時代劇
at 2015-08-29 22:01
秋色紫陽花
at 2015-08-28 21:00

以前の記事

2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

フォロー中のブログ

APPLEPIE QUI...
夢見 油彦 の「ニッキは...
arinco's kit...
気まぐれフォト日記
ぽー&きぃ
まさかり半島日記
TERVE !!
アナログの家が好き!高座...
えいじのフォト徒然日記
人生万事塞翁が馬
もの思うゆえに
一花一葉
湘南発☆韓わん生活(ハウ...
梟通信~ホンの戯言
VANILLAな哲ちゃん...
毎日手紙を描こう★貰うと...
八十代万歳!  (旧 七...
ライフノート
草のいろ
更紗の国から
流木民
春のよき日に
Hello from K...
おうち*
暮らしのエッセンス   ...
維摩と語る
ハイチュウ Hai Trieu
たまがわ日和
お気楽散歩道 ...
押し花おばさんの気まぐれブログ
楽・遊・学・ビバ人生!!
明日晴れるかな
夢見る頃を過ぎても
一茎草花
ポルトガル便り~ヨーロッ...
●おのひきだし
やっぱり旅が好き♪
私がローマで独りで始めたわけ 
田園LIFE
四季日和
オランダおいしいくらし
アインのしっぽ
北鎌倉のお庭の台所・藤田...
思いのままに
オイシイって楽しい!
出来るかな日記6
てぶくろ
山歩路通信―さんぽみちつ...
絵日記日和
風と花を紡いで
気がつけば50代
あれこれ逍遥日記 Vol.2
そらいろのパレット
AKITTY's Room
驢馬の耳
ばぶなばぶ
Boke帽子Ⅱ
てくてく散歩 Ⅱ
花図鑑
桜さくさくほろ酔い日記

外部リンク

最新のトラックバック

偽装する経営者よ、落語で..
from 梟通信~ホンの戯言
こしあぶら
from オイシイって楽しい!
しめ彼岸
from まさかり半島日記
★おひなさまの記事トラッ..
from ありがとうはまほ(う)のことば

検索

タグ

その他のジャンル

画像一覧