<   2013年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

きざし

太陽の恵みを感じる季節になった。
数日前からプラスの気温になり雪どけも一気に進みだした。
あんなに義務感でしていた雪かきも とけだすとどんどん消したくなって楽しみに変わる。
今日は雪かきというよりも氷割りと言った方がよさそうだ。
厚さ6~7センチの氷にシャベルを差し込みテコの原理で取っ手を下げると面白いくらいに氷が持ち上げられる。
それをすくってコンクリートの上に叩きつけるように落とすと氷は砕けて小さくなる。
あとは太陽の熱に助けてもらおう♪
雪も空気が入りザラメ状になってきた。
今日は雪散しには絶好の日だ!雪の壁にサクサクとシャベルを入れ、日当たりのいい場所に散らす。
明日の雨のお手伝いも借りて、どんどん春に近付きたい。
e0298164_21131970.jpg

午後、西の空にお日様が光る。
思い切り剪定したご近所の柿の木の向こうの空はうっすら夕焼けのようだ。
e0298164_2115192.jpg

こうして2月が去っていき、明日から弥生3月になる。
雛の節句には何を作ろうか?
****************************************************
オキアミの酒炒り
  母のリクエストでオキアミを買ってきた。
  日本酒を入れてよく乾煎りし、塩を入れ粉末昆布を入れた。
  子供のころはよく食べていた懐かしい味!
e0298164_21205984.jpg

やりいかの刺身
  
e0298164_2131118.jpg


お弁当
 昨日の鰊の煮もの、醤油たまご、ジャガイモ、ソーセージ 海苔ご飯
e0298164_21322155.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2013-02-28 21:05 | 自然

雪どけ

気温8.5℃、どんどん雪どけが進んでいる。
ご近所さんは少しでも自分の家の雪を消したくて スコップを持ち出てきた。
かたい雪を割り、日が照る場所に雪を散らすから『雪ちらし』

南側の屋根から落ちかかった雪が太陽の熱でどんどん水に変わっている。
明日も天気がよく 明後日には雨になるらしい。
e0298164_2232945.jpg

***************************************************
身欠きにしんと山菜の煮もの

この季節、北海道の方では鰊がとれ始め、それがお店に並ぶと秋田の人たちは春を感じる。
一昨日は子持ちの生ニシンを塩で〆て焼いて食べたが、今夜は本乾といってカチカチに干した身欠きニシンを戻した物を使った煮物を作った。
やわらかい身欠きニシンは下処理が要らなくて手軽だが、味はこちらの本乾に軍配があがる。
前日に米のとぎ汁に浸しておくと一晩で鰊の油がかなり浮いてくる。
それを洗い流してから ほうじ茶をいれて15分ほど煮てさらに油をとる。
e0298164_6585535.jpg

ふっくらと戻したにしんと山菜などを炊き込む。
鰊から出るいいだしが他の野菜や山菜にうつって本当に美味しい煮物になる。
根曲がりだけと蕗は友人が春に採って保存してくれたもの、感謝しながらいただいた。
出来上がってから 車麩も入れればよかったと思った。
e0298164_731847.jpg

母の大好物のおかずで、一口食べては『美味しいごど~』
『今年も春が来たな~』としみじみ言っている。
そういえばさくらの開花予想が発表された。
秋田は18~19日には咲くだろうと・・・・・・今からは想像できないけど咲くのかな?
[PR]
by hanamomo06 | 2013-02-28 07:07

窓ぎわの花

今日は一日雪も降らず気温もやっとプラスになった。
雪どけもそろそろ秒読みに入ってほしい!
『弥生三月よ!もっと大きな足音でこっちへ来て!』と叫びたい。

それでも南側の窓際には燦々と陽がさし込み 鉢植えの花も喜んでいるような気がする。
きれいな鉢植えをいただいてもシクラメンにはシクラメンの適温があって、あっという間にしおれてしまった。
家の中は暑すぎて、外は寒すぎる。
花屋さんでお値段を見るとものすごくて悪いことをしたと思ってしまったが、どうしようもない。
花は大好きだが、育てるのが難しい花は贈り物としてはどうだろう?

プリムラも日照不足でちょっと元気がなかったが、やっと陽がさすようになり花の色も鮮やかになってきた。
水と光が何よりの栄養だと花を見ていると知らされる。
e0298164_1731048.jpg

一週間ほど楽しませてくれたチューリップもやがて終り、小さなつぼみが一つ残った。
八重だからディオールのつぼみだと思うが、窓際で成長を見守ることにした。
e0298164_17325295.jpg


昼ごはん 
なかなか食べる機会を逃していた『トッポキ』
玉ねぎ、キャベツ、ニンジン、ソーセージを炒めて入れて野菜だらけのトッポキになった。

友人の娘さんが今韓国に語学留学中だ。
『だいぶ自炊にも慣れたでしょう?』といったら、韓国は屋台のものも安くて美味しいからほとんど外で食べているとのこと。
日本で毎日外食したら親はいくら仕送りしても足りないだろう。

トッポキは野菜とお餅が入った甘辛の食べ物、日本にはない味だが美味しい。
e0298164_1740686.jpg


晩ご飯(昨日)
  今冬一度も牡蠣フライを食べていなかった。
  こういう季節のものは逃すと旬を食べられない。
  牡蠣だけでは寂しいので小さな厚いしいたけも揚げた。
  (しいたけのフライはお醤油で食べた)
e0298164_1743171.jpg


お弁当
   すじこご飯、おかず(海老カツ、しいたけフライ、白菜のおひたし、きんぴらごぼう、青菜)
e0298164_17441365.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2013-02-26 17:11 |

穏やかな日

昨日の猛吹雪から一夜明けた今日はとても穏やかな天気になった。
あんなに強かった風がおさまり 午前の内に青空になった。
天窓にはびっしりと氷が張りついているが その上をとけだした雪が転がって落ちている。
e0298164_16111810.jpg

その割に気温は上がらず、つららはとけていないが、その向こうの青空が嬉しい。
このお日様に後押しされて洗濯と掃除を一気に片付ける。
血行があまり良くない母の足もゆっくりと洗う。
本当は寝る前の方が温まっていいのだが、こちらも疲れてくるのでお昼の時間に定着した。
e0298164_16144412.jpg

今日お訪ねしたmikiさんのブログでいい言葉に出会った。
『花の開花も遅れ気味とのニュースが流れますが、植物は自然の摂理にかなった成長をしているまで。遅れているのではなく、待っているだけ。。。なのかもしれません。』
花は咲けるまで、土が十分温まるまでじっと待っているのだ。
雪もやがて雪どけ水になって私たちの暮らしに役立ってくれる。
今年は水の蓄えも十分すぎるところがあるが 昨日から一晩でこうも違った天気を見ていると自然の意味がわかるような気もしてきた。
**************************************************
まぐろ丼(昨夜)
  美味しそうな目鉢まぐろが100グラム200円で出ていたのでどんぶりにした。
  まぐろだけだと寂しいのでカニのかまぼこと卵焼き、きゅうりをのせた。
e0298164_16325830.jpg

  でもこのどんぶりが特別美味しいのは 美味しい柚子酢のご飯だから。
  まろやかでどこまでも爽やかな柚子の酢飯。
  この柚子酢のご飯だとのせる具はどんなものでもおいしい。
  ひな祭りにちらしを作ろうと思っていたがそれまで待つことができなかった。
  おいしい柚子に感謝していただいた。
e0298164_16331899.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2013-02-25 16:33 | 自然

猛吹雪・・・・水玉アート

布団の中で楽しみにしている『月刊やさい通信』を見る。
レモンで作るアフリカの美味しそうな塩レモンソースを知る。
いつか安全な無農薬のレモンで作ってみたいな。
2年ねかせるとまろやかな味になるというけど・・・・・・・2年後か~。
食いしん坊にはちょっと辛い。

番組途中にゴ~という音とともに家が揺れるほどの風、外は猛吹雪だ。
起きてカーテンを開けると窓にまた水玉模様がついている。
昨年末以来2度目の水玉アートを楽しむ。
たった3~4メートルほど向こうに立っているエゴの木が吹雪のためぼんやりして見える。
e0298164_16513371.jpg

ベランダの手すりから下がったつららにも吹雪が衣装を着せている。
e0298164_16524756.jpg

母が早く起きたいというので私も起きることにした。
まだ暗くて窓辺のランプをつけた。
その窓にもびっしりと水玉アート 
これは家人から勧められて選んだ暖色のランプだった。
ブルーやグリーン、紫色などを好む私が選んだ珍しい一つだった。
寒い季節には暖かい色のランプがいいと、今年ほど思った年はなかった。
灯りをともすと部屋の中も暖かくなるような気持ちになる。外はまだ暗かった。
e0298164_16543480.jpg


朝食後外に出てみた。
ご近所さんの家の前、新聞をとった気配もない。
お留守ならいいのだが・・・・・・・。
e0298164_16592118.jpg


今日は日曜日。
『日曜日はゆっくりするなあ~』という母の言葉にクスリと笑ってしまった。
まるでお勤めに行っている人みたいだ。
母の頭も私の頭も今朝のテレビで『レモン』づいてしまっている。
おやつの時間に熱々の紅茶を淹れた。
看護師さんの「カフェインを含むものはなるべく午前中に」というアドバイスも無視して。
いただいたレモンを浮かべる。
e0298164_17212731.jpg

ご自宅で収穫したという安全なレモンはお茶のあと皮ごと全部いただいた。
ちょっと春の味!とても温まった!
e0298164_1724370.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2013-02-24 16:59 | 自然

ドライいちじく

この一週間母のためにたくさんの人が我が家を訪れた。
訪問看護師さん、歯医者さん、それに内科の先生と看護師さん。
そのほかに週2回のリハビリ、その朝は忙しくて目が回りそうだ。
リハビリに行く前日は夫が除雪をし、融雪剤をまいて滑らないようにしてくれる。
私も夫も土曜日ともなればちょっと疲れが出てくる。
今日は吹雪でも出かけるぞ!

買い物を済ませ、まずは腹ごしらえ。
最近美味しいと思っているラーメン マルちゃんの「正麺」もやしとわかめとねぎ!
お刺身用の赤エビを一つ入れたらなんだか豪華~海老から出るだしで本当に美味しかった。
e0298164_20361374.jpg

街へ着いたら雪が激しく降ってきた。
黒っぽい駐車場をバックに雪は容赦なく降り続く。
e0298164_20375868.jpg

デパートは週末なのでたくさんの人。
美味しそうな魚を買って帰宅した。

秋に作ったドライ無花果にクリームチーズを塗って麦酒のおつまみに。
美味しいキムチとほっき貝サラダもちょっとずつ。
e0298164_2047121.jpg

ビールの冷たさが心地よい部屋ではプリムラがまた一回り大きくなって咲いている♪「
e0298164_2049365.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2013-02-23 20:50 | おいしいもの

オニオンリング

どんなに吹雪いていても 玉ねぎ、にんじん、ジャガイモがあれば何とかしのげる。
子供たちが食べざかりのころはジャガイモも玉ねぎも箱買い(10キロ)していた。
さすがに今はそうではないが、玉ねぎは1.5キロか2キロのネット入りのを買う。
その玉ねぎで作った『オニオンリング』
衣に塩コショウをきかせて揚げ、ケチャップをつけておつまみに!
e0298164_1821466.jpg

このごろ夫は仕事で帰りが遅いので ワインを開けるのに躊躇する。
一人でもいいわけだが、やっぱりお酒は話しながら楽しくがいい♪
小麦粉と片栗粉+ベーキングパウダー入りの衣のおかげでサクサクと美味しく仕上がった。
これならワインは赤でも白でもいいな~。
e0298164_1823122.jpg


今の季節 美味しい魚が『母がれい』婆婆鰈、なめた鰈ともいう。
婆という字があてられるのは皮がぶよぶよしているからというのが理由らしい。
人も魚も年齢には逆らえません。
この鰈は煮つけが一番おいしい。
煮汁をかけながら煮てじっくりと味を含ませる。
とろりとした皮も絶品、年代を経たいい味が出ていると思えばその名も受け入れられるか。
e0298164_18113739.jpg

*****************************************************
ふぶき
   ものすごい吹雪、レトロなお宅の庭木にまん丸の雪がついていた。
   鳥の巣のような感じ。
   明日も真冬日らしいが運動がてら街へ行こうかな♪
e0298164_18204077.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2013-02-22 17:17 | 料理

真鱈子

寒は過ぎたが 大きな真鱈が美味し季節。
先日は味噌に漬けこみ次の日に焼いて食べた。
e0298164_16283741.jpg

たらこの材料になるのは『すけそう鱈』で、この鱈は『真鱈』その卵が『真鱈子』
寒くなるとこの生の真鱈子がお店に並び、寒い地方の人たちはニンジンやこんにゃくなどを使って子和えを作る。
この真鱈子も今が美味しい季節で、秋刀魚と佃煮にするために買ってきた。
今は旬のサンマを急速冷凍したものがいつでも手に入るので今の季節に作ることができる。
日本酒をたっぷりとお醤油、ザラメ、生姜を入れて圧力鍋で10分ほど煮る。
蓋をとって真鱈子を入れ煮汁がほぼなくなるまで煮詰める。
小さめに切ってあるのでこれをご飯にのせて食べると美味しい。
e0298164_16353131.jpg

*******************************************************
また少し雪が降って 朝から家の前でブルが唸っている。
雪が多くなると道幅が狭くなって車がすれ違えなくなってしまうから出動してくれたのだろう。
完全武装して雪かきがてら、ブルのおじさんの雪さばきを拝見した。
以前はあまり雪が多くない当方の除雪はうまくなかった。
それが平成18年の大雪あたりから雪が多くなって、出動が増えたからなのか雪かきが上達したような気がする。
かいた雪(氷)の塊を家の前に置かれると寄せられなくて困ってしまうことがあった。
でも今日はそれを一軒、一軒、持っていってくれた。
だけど、道路はつるつるになり、こわごわ歩かなければならない。
ぴかぴかになった我が家の前の道路デス。
e0298164_1642952.jpg

それにしてもこの冬は寒い!
灯油もついに1リットル100円になったのでストーブもエコモード運転にしていたが、時々寒くなってまたEcoを解除してしまう。(我が家は20度設定)
あと数日で2月も終わるが、やっぱりお彼岸までは寒さが厳しそうだ。

風が強いせいか北側のひさしのつららの形が変則的だ。
e0298164_16474283.jpg


  

More 母の日記
[PR]
by hanamomo06 | 2013-02-21 16:59 | 料理

ポルトガルのズボン

母に冬の思い出話を聞いた時に聞きなれない言葉があった。
母の幼いころの服装をたずねたときだった。
着物を着てその上に『かるさん』という物を履いていたと言った。
どうも袴の一種で、もんぺのようなものだったらしい。
履きやすくするために足を締め付けないゆったりとした作りだったらしい。
名前のカルサンはポルトガル人の履いていたズボンと似ていたことからこう名付けられたという。
当て字なのかカルサンは『軽杉』とも書かれた。
e0298164_1741422.jpg

着物をすっぽり入れてカルサンを履き、別珍の赤い足袋を履いていたそうだ。
昔の家は今よりかなり寒かったが、この服装は結構暖かかったらしい。
母の母が作ったもので、かわいい絣柄の生地だったらしい。
聞いていて私の頭の中にもいろんなカルサンぽい物が浮かんできた。
子供たちが小さいころみたおじゃるまるにもこんな衣装が出てきたような。
今でいうリビングウエアーだから動きやすかったに違いない。
ほんの70年ほど前の服装だが母に聞くまで全く想像もつかなかった。
*****************************************************
さて、つつましく咲いていたチューリップ4日目の今日の様子は超満開!
小さいと思っていた花はどこまでも大きく開きゴージャスも通り越した感じだ。
あと何日こうして咲いてくれるかな?
e0298164_17134033.jpg

今日も気温は上がらず、吹雪いたりやんだりの一日だった。
強い風の置き土産はこんな模様
e0298164_1721490.jpg

つららは根元がどんどん成長し変な形になっている。
e0298164_17223715.jpg


おかず
 葱のベーコン巻 油を敷かないでじっくりと焼く。噛むと葱がとろりぃ~とうまい。
e0298164_17241718.jpg


おべんとう
  小鯛の味噌漬け、ニンジンとねぎの卵焼き、ホウレンソウ胡麻和え、トマト、いか
e0298164_17252910.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2013-02-20 17:28 | 母の思い出話

旬のもの

今が旬のほうれん草 このごろ毎日のように食べている。
節分に封を切ったおいしい千葉の落花生もだいぶ残り少なくなってきたので、殻をむいてピーナッツ和えを作った。
小さなすり鉢とすりこぎで豆をつぶしていくといい香り。
しっとりとねっとりとなるまで擂った。
きび砂糖とお醤油を入れゆでたほうれん草を入れて和えた。
e0298164_181620.jpg

擂りたての落花生がこれほど美味しいとは・・・・・・。
母の箸も自然に朱塗りの椀に向いている。
e0298164_1812467.jpg


これは昨日の朝作った白みそ入りの卵焼き
昨日はお弁当がなかったのでゆっくりと焼いた。
時間のない日は焼けない卵焼きだ。
火加減を調整しながら焦げないように焼く。
でもあれぇ?結構な焼き色がついているよ。
e0298164_1832115.jpg

こちらは砂糖ではなく味噌の香ばしさと上品なみりんの甘さがうりもの。
e0298164_184996.jpg


このごろヤリイカを買うと『まま』(卵)が入っている。
身の方はさっと湯どうししてお刺身にした。
e0298164_1855216.jpg

実はイカは胴の部分よりも 足や耳、中の「まま」がうまい!
独り占めしようとすると母がそれも食べたいという。
煮汁まで半分こになった。(熱々のご飯にイカの煮汁は美味しすぎる)
何と、食いしん坊の母娘 お互いあきれる。
e0298164_1881539.jpg


今週もお弁当が始まった
 醤油おにぎりとおかず(卵焼き、おからコロッケ、雪菜の塩炒め、ソーセージ、イチゴ)
e0298164_1895246.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2013-02-19 17:08 | 料理


*いらっしゃいませ*


by hanamomo06

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体

郷土料理
自然
おでかけ
日々のこと
食べ物
おいしいもの
料理
いいもの
母の思い出話
季節の行事
うれしいこと

懐かしいこと
家で・・・
秋田
お菓子
未分類

最新の記事

引っ越します
at 2015-09-01 21:20
美辞麗句
at 2015-08-31 20:11
桂の木
at 2015-08-30 20:54
時代劇
at 2015-08-29 22:01
秋色紫陽花
at 2015-08-28 21:00

以前の記事

2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

フォロー中のブログ

APPLEPIE QUI...
夢見 油彦 の「ニッキは...
arinco's kit...
気まぐれフォト日記
ぽー&きぃ
まさかり半島日記
TERVE !!
アナログの家が好き!高座...
えいじのフォト徒然日記
人生万事塞翁が馬
もの思うゆえに
一花一葉
湘南発☆韓わん生活(ハウ...
梟通信~ホンの戯言
VANILLAな哲ちゃん...
毎日手紙を描こう★貰うと...
八十代万歳!  (旧 七...
ライフノート
草のいろ
更紗の国から
流木民
春のよき日に
Hello from K...
おうち*
暮らしのエッセンス   ...
維摩と語る
ハイチュウ Hai Trieu
たまがわ日和
お気楽散歩道 ...
押し花おばさんの気まぐれブログ
楽・遊・学・ビバ人生!!
明日晴れるかな
夢見る頃を過ぎても
一茎草花
ポルトガル便り~ヨーロッ...
●おのひきだし
やっぱり旅が好き♪
私がローマで独りで始めたわけ 
田園LIFE
四季日和
オランダおいしいくらし
アインのしっぽ
北鎌倉のお庭の台所・藤田...
思いのままに
オイシイって楽しい!
出来るかな日記6
てぶくろ
山歩路通信―さんぽみちつ...
絵日記日和
風と花を紡いで
気がつけば50代
あれこれ逍遥日記 Vol.2
そらいろのパレット
AKITTY's Room
驢馬の耳
ばぶなばぶ
Boke帽子Ⅱ
てくてく散歩 Ⅱ
花図鑑
桜さくさくほろ酔い日記

外部リンク

最新のトラックバック

偽装する経営者よ、落語で..
from 梟通信~ホンの戯言
こしあぶら
from オイシイって楽しい!
しめ彼岸
from まさかり半島日記
★おひなさまの記事トラッ..
from ありがとうはまほ(う)のことば

検索

その他のジャンル

画像一覧