<   2013年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

稲穂

久しぶりに田んぼの近くまで行ったら 夏の間緑だった田んぼが色づいていた。
あと一か月しないうちに新米が出るだろう。
一次の発表では平年並みの作柄のようだが、この先台風などの自然災害がないようにと祈りたい。
e0298164_1945455.jpg

パン屋さんに寄り大好きな五穀カンパーニュを買う。
母がいないお昼はパンのお昼もいい。
一つだけ残しておいたあの牡蠣の燻製をのせて食べたかった。
ほんとにいい味で お昼だけどワインが飲みたいほどだった。
これがイタリアなら食卓には必ずワインが出てくるのだろう。
美味しいベーコンもあったのでこれはカリッと焼いてサンドした。
パンのおともには熱い珈琲を淹れた。
8月も今日で終わり、明日から9月が始まる。
e0298164_19492066.jpg

午後はキッチンで野菜を刻んだり、常備菜を作ったり。
昨夜仕込んでおいた『水キムチ』に買ってきたりんごをプラスした。
(もう青森のつがるりんごが出ていてその赤い色に誘われて買ってきたのだ。)
e0298164_1956294.jpg

晩ご飯
  初生秋刀魚を焼く。
  いただいたなめこで牛蒡たっぷりの味噌汁を作る。
  食卓もしだいに夏から秋へ移る季節になった。
e0298164_19553036.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2013-08-31 19:56 | 自然

絵画展へ

どんよりとした空は午後になったら晴れていいお天気になった。
今、平野美術館ではあの藤田の書いた大壁画 秋田の行事を取り外す作業が連日行われ、明日には新しい美術館へ移動するそうだ。
その隣の県立美術館で開かれている最後の絵画展の案内をいただき出かけた。
e0298164_2026747.jpg

昭和5年に発足した絵の会で、会員の力作を拝見し楽しいひと時だった。
e0298164_20254763.jpg

会員の職業も様々で、医師、お花の先生、バレエの先生、・・・・・ご自分の職業のほかにこのような時間を持っていらっしゃることが素晴らしいと思った。
まだ蓮の花が美しい県立美術館の最後に足を運ぶことができてよかった。
帰宅してから途中で買ったシュークリームでお茶の時間
e0298164_20302180.jpg

***********************************************
きゅうりの辛子漬け
  いただいた新鮮なきゅうりで辛子漬けを作った。
  新鮮なので歯触りも味も最高で母も喜んでいただいた。
  お菓子を食べた後の口直しにもこれは最高だ!
e0298164_20325569.jpg


お弁当
辛塩の紅鮭の焼きおにぎり
おかずは昨日のいかしゅうまい、卵焼き、赤エンドウの塩豆、きゅうりの辛子漬け、いんげんのお浸し
e0298164_20351526.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2013-08-30 20:34 | おでかけ

買い物

今日は26℃、朝方は涼しすぎて薄い布団を引っ張り出した。
どんよりとした曇りの一日、でも涼しいので買い物に出かけた。
桜の木にも秋の気配
e0298164_20521344.jpg

果物コーナーにはハウス栽培の柿まで並んで、ブドウ、ナシ、桃、りんごのつがるも。
葡萄は巨峰だけでなく、いろんな高級品種ばかり並んでいた。(名前は覚えられない)
私が子供のころは黒ブドウと白ブドウしかなかったなあ~。
キャンベルとかナイアガラという名前があってもそう呼んでいた。

魚を見に行く、小さいけど川蟹が出ていた。
秋田のものではなかったが、小さなぶりこを抱えたハタハタも出ていた。
新鮮なイカを2杯買う。
食べ物にもいつの間にか秋が近付いている。

帰りに見つけた胡桃の実 大きな風が吹けば地面に落るだろう。
e0298164_2142326.jpg


高齢のおばあさんがサトイモを作っている畑の隣でコスモスが咲いていた。
写真を撮っていると、おばあさんが私に言う。
『そんたごどして 遊んでねで、もっとかしぇげ~』(そんなカメラなんかやっていないでもっと働け)
おばあさんは、ずっと働きづめで来たのかな。
<一応、家族のために買い物に来た帰りですけど・・・・・>心の中でいいわけして帰りを急いだ。
e0298164_2193267.jpg

***************************************************
晩ご飯
 川蟹の味噌焼き
e0298164_21114988.jpg

 いかしゅうまい
e0298164_21121036.jpg


おべんとう
 夏野菜の煮物、卵焼き、白魚の卵とじ、かぼちゃ、鯖山椒
e0298164_21172962.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2013-08-29 21:12 | 食べ物

桃の香りにつつまれて

komorebiさんが一年かけて大事に育てた桃が届いて一週間が過ぎた。
桃が傷まないようにと 早朝に収穫してくださったようで、届いた時もその冷たさに驚いた。
見た目はかたそうでも切ってみるとあふれるように果汁がしたたり、歯ごたえはあるものの滑らかで美味しかった。
なるべく手で触らないで熟したものを目で見定めて一つ、また一つといただいた。
すこしだけ冷やしてからいただくと、その美味しさは表現できないほどだった。

数日たってリビングに置いた桃の香りが強くなった。
我が家に来て熟して一層糖度が増したかのような甘い香りだった。
山根白桃は白桃の中でも特に香りがよい桃で、ソファに座っていても、夜中に起きてきてもいい香りがした。
甘い香りの中で気持ちよくお昼寝もした。

いただいた時には紫陽花のガラス皿に盛ったが、甘い香りが漂って来たら、古風な美人という感じもして、大事にしていた明治時代の九谷焼の皿に桃をのせてみた。
きれいな桃色は九谷のお皿にもよく合った。
切るとさらに美しい桃色が姿を現す。
こうやってお客様にもお出ししたら、山根白桃の美しさと甘さに感激してお帰りになった。
e0298164_20413386.jpg

一週間目の今日、桃の皮は手でつるりとむけるほど完熟になった。
この桃はこのまま生でいただくのが一番おいしい!
でもこのきれいな桃色を何かに飾ってみたくて、バニラアイスと一緒にした。
細かく刻んでグラスに入れ、アイスの上にも桃を飾った。
桃は刻んでいるうちにさらにいい香りを放ち、美しい桃色はアイスクリームの色にしっくりとなじんでいた。
本当にご馳走様でした。感謝の気持ちでいっぱいです。
e0298164_20494226.jpg

*****************************************************
 おべんとう
 昨夜のアワビの姿煮と煮汁でアワビの炊き込みご飯を炊いた。
e0298164_2050505.jpg

おかずは 夏野菜の煮物(ししとう、ニンジン、玉ねぎ、ささげ、ちくわ)
モロヘイヤ入り卵焼き、いぶりがっこ、トマト
e0298164_20522840.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2013-08-28 20:33 | おいしいもの

おめでとう

このごろ涼しくなって朝起きるのが辛くなってきた。
早く眠ればいいのに、ゆうべもあれこれとやっていたから遅くなってしまった。
今朝は、あと一時間という時に母に起こされてしまった。
リビングのカーテン越しにゴーヤの緑が透けて見える。
<今日もいい天気だなあ~>
今まで、暑くて行きたくなかった午前中の買い物に行こうと思い立った。
お店に食材がそろうのは11時過ぎ、それを目指して出かけた。
真っ先にお刺身のコーナーに行き、鯛のお刺身を籠に入れたが、そのあと中ぐらいの鯛が安くて新鮮だったので、それにかえた。(お刺身の鯛はこの鯛の三倍の値段だった)
巨峰が出ていてそれも買う。

帰り道いつも通るお宅の百日紅が青空を泳いでいた。
この花がかわいい丸い実に変わってくると秋が近いのだ。
e0298164_2225735.jpg

午後、さあ少し早く晩ご飯の準備をしようと思ったら電話が二件もきた。
どれもしばらくぶりの方で長々と話しこんでしまった。
電話が終わらぬうちに今日の主役が帰宅してしまった。
今日は夫の誕生日だ。
先程の鯛をさばいて、いただいた美しい野菜を添えてカルパッチョを作る。
茗荷をきざみ、八角おくらを星に見立て、真っ赤なトマトで飾った。
薄切りにしてあるのは到来物のあわびの姿煮 美味しかった~。
e0298164_22295038.jpg

今日は絶対にビールにしたかったのは昨日ゆでておいたおいしい枝豆があったから。
e0298164_22314237.jpg

茄子の田楽は好評につき今夜も登場、茄子の漬物、あなごの蒲焼、串揚げ、鯛のアラ汁を使った温麺
誕生日に長いものを食べるといのちが長らえるということを夫のガールフレンドからの手紙で今日知った。
夫のG.Fは誕生日に稲庭うどんを届けてくれた。(謝)
それで今夜は鯛のだし汁に美味しい小豆島のそうめんをいれて食べた。
串揚げは私が小学校のころ給食で好きだったもので、蒲鉾のような練り物をフライにしてある。
スーパーで買ってきたもの。
e0298164_22383071.jpg

おとめ座の君よ、また新しい一年を元気に過ごしましょう。

誕生日の日のおべんとう
  梅おかかのおにぎり
  紫花豆の甘煮、いかの磯辺揚げ、新生姜の甘酢漬、ししとう、トマト
e0298164_22415189.jpg

 おにぎりは汗をかかないように和菓子屋さんでもらう経木に包んだ。
e0298164_2242505.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2013-08-27 22:42 | うれしいこと

茄子の田楽

とろとろにとろけそうな茄子の田楽は夏に一度は食べたい料理。
私の買い物先ではなかなか田楽を作る茄子と巡り合えないでいた。

それが今朝、たくさんの美味しいものと一緒に入っていたのだ。
何せ、顔が映るくらいのぴかぴか茄子だった。
名前が秋田ぼんでん丸。
ぎっしりと中身が詰まっていて丸々として本当に美味しそうだ。
半分に割り、座りがいいようにちょっとだけ底を削いだ。
厚いので茄子に斜めに格子状に包丁を入れじっくりと焼いた。
揚げると簡単だが、さっぱりと食べるには焼いた方が美味しい。
西京味噌と手前味噌を合わせて田楽味噌を練る。
熱々にとろりとかけ、青紫蘇をのせていただいた。
『美味しい』という意外言葉が見つからない。
『これは茄子がよくなければ美味しくないお料理だ~』と母が言う。
その通り、びっしりと身がつまった新鮮な茄子だからこその味だった。
e0298164_22205314.jpg


夕方の空 雲の形がきれいだった。
かすかな夕焼けをずっと見ていたい気持ち。
気がつけば蝉の声が少なくなり、トンボが飛び、草はらでは虫の大合唱。
e0298164_22252034.jpg


今日も忙しい一日だった。
午後ご近所の方と久しぶりに顔を合わせた。
<忙しい時に限って呼びとめられるのだ>
たまにはご近所づきあいも大切なので、話を聞く。
彼女は長年同居していた義両親を10年ほど前に看とったので、介護にはゆるぎない自信がある。
あれはこうで、これはこういう風にやったらいい・・・と並べたて始めた。
<う~ん、これが家の中なら大波乱が起きるな!>
そのまたご近所さんに言わせると、『よくやった!』とだれからも褒められなかったから、いまだに消化不良をおこしているのだそうだ。
でも介護って、褒められるためにやっているものではない。
自分のできる範囲でやれたら、自分を自分で『よくやった』とほめればいいと思っている。
今のところはそう思っている。でもたぶんそう思うような気がする。
<たいていは心残りがあるらしいけど>
母のせいであれもできないこれもできないとだけはいいわけしたくないと思っている。
小さくても喜びはあちこちに散らばっている。
母と美味しい茄子の田楽を熱々のうちに食べられたことも大きな喜びだ。
本当にありがとう!

深夜ダイヤモンドのような月に会えた。
 目覚めたのが3時20分、喉が渇いたと言う母に半分に薄めたアクエリアスを飲ませた。
 天窓から月明かりがこぼれている。
 フローリングの床がそこだけスポットライトのように明るい。
 天窓を覗いてみたら煌煌と輝く月が見えた。
 雨のあとに出た月で、天窓の水滴越しの月はダイヤモンドのようだった。
 こんな月に会えた日は安眠妨害の母に腹が立たない。
e0298164_22463288.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2013-08-26 22:47 | おいしいもの

つゆくさ

数日前から朝晩の風にすこしだけ秋の気配を感じる。
現に朝方は薄い掛けもの一枚ではすこし心もとない感じだ。
庭からは虫の音が聞こえ、あちこちにススキが出てきている。
今朝、つゆくさの青に出会う。
朝がとびきり元気で、昼になって太陽が出てくるとショボンとなっている花。
実はこのショボンとなった花びらは午後になるとドロドロに溶け、その成分が吸収されて、次の花に回されて行くのだそうだ。
何本か採ってきて朝の食卓へ飾る。
e0298164_2053344.jpg

ブログ友のnageireさんからこの花のことを伺ったことがある。
この花の特徴を生かして、友禅の下絵描きに使われているのだそうだ。
この花の汁を美濃紙に何度も塗って乾燥させ、それを小さく切って水に溶かし絵の具のようにして下絵を描くとのことだ。
この紙は『青紙』といい、今も滋賀の方で作られているとのことだ。
水に溶けやすい花汁は水で洗うと消えてしまう。
こんなことを見だした先人の知恵は素晴らしいの一言だ。

この色を楽しめるのはほんのわずかな時間だけ。
e0298164_2111532.jpg

儚い花びらはすこしの摩擦でも傷がつき、色素が薄れてしまう。
この花をとっているとき、小さなバッタを見つけた。
少しずつ秋が近付いているのを感じた。
e0298164_2132340.jpg

**************************************************
牛蒡の炊き込み
 たっぷりとごぼうを入れて炊き込みご飯を作った。
 おこげのところが人気で あっという間におこげだけなくなった。
e0298164_216333.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2013-08-25 21:06 |

花火

今夜は大曲の全国花火大会
にわか雨が降ったようだがおおむね晴れてよかったと思っている。
私は今年もテレビの大画面で花火を見ている。
美味しそうな枝豆がなかったので、今夜はあり合わせの御馳走。
昔から大曲の花火には枝豆ときみ(とうもろこし)が定番だった。
e0298164_21334493.jpg

照明を暗くしてテレビの画面を見つめる。
全国の花火師が腕を競う大会だが、私はこんな形の花火が一番好きだ。
e0298164_21361998.jpg

今日は生きているような新鮮ないかが手に入ったのでお刺身、げそは塩焼きにした。
いかのわたもおいしそうだったので味噌を混ぜて火にかけ、生のきゅうりにつけて食べた。
いか味噌は白ワインにもよく合って美味しい!
e0298164_21393660.jpg


昨日薬局に行った帰り見つけたこの花も繊細な花火のように見える。
フェンネル・・・・・日本語ではウイキョウ 
遠目に見るとおみなえしにも似ていて すこしだけ秋の感じがしてきた。
今夜の風はいつもの秋田の夜風になっている。
窓を開け、風を入れると虫の声も聞こえてきた。
e0298164_2143377.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2013-08-24 21:43 | 季節の行事

ももたろうの桃

むかし むかしあるところに・・・・・・・で始まる昔話。
日本人ならそのほとんどが『ももたろう』のお話を思い浮かべるはず。
私も遠い日の記憶がよみがえります。
眠りにつくまで祖母が語ってくれたももたろうの話っこ
『どんぶらこ、どんぶらこ』流れてくる桃の美味しそうな様子が今でも思い浮かびます。
ももたろうが生まれれた桃はたぶんこんな桃だったのだと思います。
信州小布施で大事に育てられた山根白桃という桃です。
美味しそうなこの桃の姿をこのままお伝えしたくて何枚もシャッターを切りました。
多くの写真から自分でいいと思った一枚を選びました。
e0298164_2242791.jpg

こっちは角度を変えて撮った一枚
e0298164_2245973.jpg

ふっくらしたももの美しさが伝わりましたら嬉しいです。
見ているだけでも満足ないい色、いい形ですが・・・・・・・中の色がもっと素敵なんです。
果肉はもっと濃い桃色です。
お味はここに書くまでもありません、作ったkomorebiさんの言葉をお借りすると・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
>色も桃色で果肉もすべらか、甘さも程よく昔からの桃らしい桃です
本当にその通り!ご馳走様でした。
e0298164_2211776.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2013-08-23 22:11 | おいしいもの

ゴーヤ炒飯

見た目はみずみずしくてもあまりぶら下げておくと中の種が赤くなってくるころ、思い切りよくおいしく料理しよう。
Hanaさんのゴーヤ炒飯が美味しそうだったので早速作ってみた。
鯵の煮干し、桜海老、胡麻、ナンプラーを用意して・・・・・・。
e0298164_20122919.jpg

気長にこの三つを炒る・・・・・・・・・・しばらくすると香ばしい香りが立ち込める。
油断するとここでつまみ食いしてしまう。
薄く切ったゴーヤとご飯を入れナンプラーで味付けする。
e0298164_2074517.jpg

口に入れた時に鯵の煮干しをじっくり噛むのが美味しい!
噛めば噛むほどいい味だ。
干しエビの香ばしさとゴーヤのほろ苦さが最高の組み合わせだ。
暑い夏こその炒飯、これからも作って食べよう。
e0298164_20103385.jpg


おべんとう
 おにぎり(中身はきゅうりの味噌漬け)
 卵焼き、ちくわと野菜の炒め物、紫花豆の甘煮
e0298164_20113988.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2013-08-22 20:11 | おいしいもの


*いらっしゃいませ*


by hanamomo06

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体

郷土料理
自然
おでかけ
日々のこと
食べ物
おいしいもの
料理
いいもの
母の思い出話
季節の行事
うれしいこと

懐かしいこと
家で・・・
秋田
お菓子
未分類

最新の記事

引っ越します
at 2015-09-01 21:20
美辞麗句
at 2015-08-31 20:11
桂の木
at 2015-08-30 20:54
時代劇
at 2015-08-29 22:01
秋色紫陽花
at 2015-08-28 21:00

以前の記事

2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

フォロー中のブログ

APPLEPIE QUI...
夢見 油彦 の「ニッキは...
arinco's kit...
気まぐれフォト日記
ぽー&きぃ
まさかり半島日記
TERVE !!
アナログの家が好き!高座...
えいじのフォト徒然日記
人生万事塞翁が馬
もの思うゆえに
一花一葉
湘南発☆韓わん生活(ハウ...
梟通信~ホンの戯言
VANILLAな哲ちゃん...
毎日手紙を描こう★貰うと...
八十代万歳!  (旧 七...
ライフノート
草のいろ
更紗の国から
流木民
春のよき日に
Hello from K...
おうち*
暮らしのエッセンス   ...
維摩と語る
ハイチュウ Hai Trieu
たまがわ日和
お気楽散歩道 ...
押し花おばさんの気まぐれブログ
楽・遊・学・ビバ人生!!
明日晴れるかな
夢見る頃を過ぎても
一茎草花
ポルトガル便り~ヨーロッ...
●おのひきだし
やっぱり旅が好き♪
私がローマで独りで始めたわけ 
田園LIFE
四季日和
オランダおいしいくらし
アインのしっぽ
北鎌倉のお庭の台所・藤田...
思いのままに
オイシイって楽しい!
出来るかな日記6
てぶくろ
山歩路通信―さんぽみちつ...
絵日記日和
風と花を紡いで
気がつけば50代
あれこれ逍遥日記 Vol.2
そらいろのパレット
AKITTY's Room
驢馬の耳
ばぶなばぶ
Boke帽子Ⅱ
てくてく散歩 Ⅱ
花図鑑
桜さくさくほろ酔い日記

外部リンク

最新のトラックバック

偽装する経営者よ、落語で..
from 梟通信~ホンの戯言
こしあぶら
from オイシイって楽しい!
しめ彼岸
from まさかり半島日記
★おひなさまの記事トラッ..
from ありがとうはまほ(う)のことば

検索

その他のジャンル

画像一覧