<   2013年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

おおつごもり

今年最後の日となった。
青空の穏やかなおおつごもりの日になった。
秋田では大みそかに年取りの祝い膳を囲む。
揚げたてを食べたい海老の天ぷらだけはみんなが食卓についてからと一番最後の料理。
塩抜きをしていた数の子をきれいにし、海老の下処理などが終わったら昼過ぎになった。
母と一緒に録画していた加島祥造さんの番組を見た。
なんとも素晴らしい90歳だった。

午後、料理を始める前に今年最後の日記を書いた。
数日たまってブログを参考に後日書いたこともあったが、なんとか一年続けられた。
新しい一年も書き通せたら、私の3年日記は完成となる。
母もなんとか健康を維持し、家族も元気で良い一年だった。
西の窓から青空を見ながら静かにこの一年を振り返った。
キーボードを打って書くブログもいいが、実際に字を書く日記は続けたいと思っている。

昨年は面倒で出さなかったお膳を物置から出してきた。
重ねるときれいな形になった。

皆様今年もブログにおいでくださってありがとうございました。
新しい年もどうぞよろしくお願いいたします。
e0298164_2249978.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2013-12-31 22:48 | 季節の行事

笑い納め

ここ数日夫はあちらこちらの友達から声がかかり外出が続いている。
年末こんな風に気ままに出かけられる日が私にも来るかどうかわからないが、男性は身軽でいいなあ~と思うのは私だけではないはずだ。
でも今日は遠出して親孝行しているから許してあげよう。

朝食後、大きな大根を一本刻んで紅白なますを作った。
なますはお餅を食べた後の消化剤にもなるから多めに作る。
その後昨日から浸してたっぷりお水を吸った黒豆を煮た。
さめながらお鍋の中で美味しい煮汁がしみていることだろう。
その後鰊の昆布巻きを作った。
かんぴょうで鉢巻をして圧力鍋で煮た。
日本酒を水と同量にして煮た後、味をつけてもう一度火にかける。
いただき物のどんこも一緒に煮たから、干しいたけ味の昆布巻になった。

遅いお昼は残りご飯の焼きおにぎり
e0298164_17135197.jpg


今年最後のごみ収集日だったが午後になっても回収に来ない。
みなさん年末はごみが多く出るからかな?
私も買ってきた野菜を寒いところに保管し玄関を片付けた。
先日やっと探し当てたかわいいしめ飾りをつるす。
e0298164_17174953.jpg


やれやれ、今日の仕事はこれまでと座ったら仲良しのご近所さんから電話。
ちょっと聞きたいことがあるからという。
それならと1時間だけのお茶っこ飲みをしようとなった。
美味しいシュークリームを用意して待っているところ。
e0298164_17204027.jpg

彼女は大きな牛肉の塊を持参して、これをどうすればいいかを聞きに来たのだった。
何でもご主人にローストビーフを買ってきてと頼んだら、これを買ってきたと大憤慨していた。
頼むときは『すぐ食べられるようになったローストビーフ』と言うように細かく言わないとだめだ。
ご主人は勇気を出してお店の人にローストビーフの肉はどこにあるのかと聞いたらしいが、お店の人も忙しくて生のお肉を教えたらしい。
『こどものおつかいより役ただね~』と言っている。
どこの家も似たりよったり、我が家もお願いすると必ず私の携帯が鳴る。
売り場がわからない?・・・・・どの銘柄を買えばいいのか?・・・・その他いろいろ。
上等の国産牛だったので、ローストビーフはあきらめて厚く切ってステーキにしたらと勧めた。

帰り際『先だってもらったいちじくの瓶、来年も頂戴ね』と差し出した瓶の中には彼女が作った干し柿が入っていた。
こんなさりげないやり取りがうれしい。
つかの間のお茶っこ飲みも笑いの連続だった。
**********************************************************
おみやげ
  外国から、県外から親戚が集まってきた。
  美味しいおみやげと懐かしい顔
e0298164_174534100.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2013-12-30 17:13 | 日々のこと

あきたちらし

先日いただいた見事な柚子を見ていたら、柚子酢で作ったちらしが食べたくなった。
先日冷凍したハタハタの味つけぶりこはどうかな?
薄くして冷凍したので半分ほど折って取り出し解凍した。
美味しい大根の生漬け(生の大根で漬けたもの)は刻み、さやから出して冷凍しておいた枝豆を用意。
炊き立てのご飯に柚子酢を混ぜ塩を少々入れる。
具をさっくり混ぜ、白ゴマをふって出来上がった。
e0298164_2264835.jpg

具は三つとも秋田でとれたものだ。
ぶりこはプチプチとやわらかいままで、大型のとんぶりの様な食感だった。
もう少したくさん入れてもよかったと思った。
大根漬けのカリカリとした食感もよく、色どりに入れた枝豆もおいしかった。
e0298164_22105162.jpg


もう一品はヤリイカで作ったパン粉焼きとフライドポテト
ヤリイカはミンチにして葱を混ぜ、卵少々も入れる。
スプーンですくってパン粉をまぶし油で焼いた。
e0298164_22122498.jpg


買い出し終了
 正月のお花を買い、いつも通りの食材も買って、今日で買い物は終わりとした。
 黒豆は水に浸し、塩数の子は塩抜き中、あとは明日から作り始めよう。
 正月花 今年はモダンに生けてみようと言うことでガーベラを買った。

 午後少しだけ日差しあり 西の空もほんのり茜色に染まった。
e0298164_22202528.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2013-12-29 22:21 | 料理

冬の日本海

年の瀬の買い物でどこのお店も車がいっぱい。
おせちの盛り合わせや、酢ダコ(秋田の正月にはつきもの)などでぐるぐる回ってもそれほど欲しいものがない。
豪華な魚やお刺身、冷凍の蟹ばかりで買うものがない。
出来上がった正月食品が多い。
その出来上がったものを買えば簡単なのに、私の籠には手のかかる材料ばかり入っている。
なんとなく、母が元気なうちは作らないと悪いような気がするのだ。
母は黒豆と紅白なます、ハタハタがあればいいと言うのでそれほど大変な準備でもないのだが・・・・。
そう言えば昨日手作りの美味しいハタハタずしをいただいた。
美味しいワサビでいただくことにしよう。

いつもご無沙汰の知人のところにも挨拶に出かけた。
冬の日本海を見ながらドライブ気分で楽しかった。
海沿いに小さな松が育っていた。
風から幼い松の苗木を守るためにきれいに柵が施されてきれいだった。
e0298164_1745912.jpg

海が近いのにそこから少し入ると静かな山懐にいだかれた集落がある。
薪ストーブの家が多いのか、各家々にたっぷりの薪が積まれていた。
e0298164_17502918.jpg

知人宅の近くの柿の木に会うのも楽しみだった。
新雪に足を踏み入れて近付いた。
こんなに寒いのに小川の水は流れている。
e0298164_1751177.jpg

鈴なりの柿、ピンポン玉くらいの小さな柿。
e0298164_17492830.jpg

雪の斜面につきそうなくらいたわわに実をつけていた。
e0298164_1754912.jpg

春の芽ぶきの頃も来たいな~、ここは田植えの頃もきれいだろう。
新緑と水の張った田んぼの風景も・・・・・。
きびしい冬の間のおやつも冷たい風に揺れていた。
e0298164_17573679.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2013-12-28 17:35 | おでかけ

やっぱり冬

主治医の往診の後 訪問の看護師さんも見え、1時間ほどリハビリをしてくれた。
母の健康は一年間いろいろな人のおかげで支えられたと言ってよい。

夕方、看護師さんを見送るために外に出たら一面粉雪で覆われていた。
通る車も限られているので、しばらくきれいだったが、
ご近所さんがパートから帰ってきてやっと足跡がついた。
e0298164_2283312.jpg

晩ご飯の下ごしらえをして、薬局まで歩いていく。
茶道の師匠宅の南天に激しく雪が降りかかっていた。
e0298164_22104334.jpg

木という木にみんな雪がかかってなんだかとても幻想的
e0298164_2211454.jpg

昨夜からテレビの天気予報がしつこい。
『北日本の日本海側は雪と風に警戒してください』でもこれは毎年の事。
今遠くで雷が鳴っている、やっぱり冬はやってきた。
*****************************************************
今年最後のおべんとう
醤油おにぎり おかず(甘い卵焼き、かぼちゃの煮つけ、ほうれんそうの梅和え、いぶり松前
e0298164_22162576.jpg


晩ご飯
 男鹿の鯵が大漁らしく安い
 お刺身用を鯵フライにする。
e0298164_22171249.jpg

 芋の子の煮つけ
e0298164_22174777.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2013-12-27 22:01 | 自然

年の瀬 スケッチ

年の瀬にしては穏やかなよい天気だった。
まだ年末の買い物には早いが、魚を買いにスーパーへ。
ん!買い物している人に変化がある。
週末にも若干増えるおじさんたちが明らかに増えている。
年末の来客に備えての買い物に引っ張り出されているのだろう。
e0298164_22223534.jpg

ところがこのおじさんたちが非常に邪魔なのだ。
食品が積み上げられた角や通路にいてカートもスイスイ押すことができない。
それでいて『お一人様一個まで』という数量限定の物を多く手に入れようとおばさんたちが連れてきているのに、肝心の時にその場所にいない。
一人一個のものをレジで二個差し出しているおばさんたちは、いなくなったおじさんにいらついている。
一つしか買えなかったおばさんのレジがすんだ頃、おじさんたちはどこからともなく現れる。
出てきたおじさんの手にはおつまみのおいしそうなチーズ。
おばさんはぎっとにらんで『そんな高いもの要らない!おかずにもならない!』とぴしゃりと言う。
あ~あ、完全におじさんの負け。
おじさんはおばさんが買った重い荷物を持ってとぼとぼ駐車場に向かった。
e0298164_22232710.jpg

先日夫に買い物を頼んだ。
夫はよほど忙しくない限り何でも買ってきてくれる。
その夫がスーパーから帰宅した時に話したことで大笑いした。
『いや~店にいるおじさん達、邪魔だな~。あっちうろうろ、こっちうろうろで・・・・』
おじさんたちは買い物の妨げになっていると言うのだ。(うんうん、同感!)
夫はスーパーの一角に『おじさん待機部屋』を作ったらどうだろうとまで言った。
<まあそれなら数量限定の時だけ呼びにくればいいしな~。>
<でもそこで自販機でコーヒーなんか飲んでいればおばさんにまた無駄遣いしているって叱られないかな?>
でも、そんな提案している自分もおじさんでしょう?(笑)
*****************************************************
おべんとう
ささみの塩麹焼き・ピーマンとニンジンのきんぴら・セロリのマリネ・さつま芋・みかん
e0298164_22251483.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2013-12-26 21:42 | 日々のこと

どんぐりのクリスマスリース

12月初め、駅の東西通路にクリスマスリースとお花が飾られていた。
ねこやなぎのふわふわのところだけを使ったものや、庭のお花をドライにしたものを使ったものなど沢山のリースが並んでいた。
その中で私の目にとまったもの、『どんぐりのクリスマスリース』
どんぐりの傘に一つ一つ和布で作ったどんぐりをはめ込み、リースにしていた。
ところどころには本物のどんぐりも入れてあった。
色とりどりの布が遠くから見ると電飾のようにも見えてとても楽しかった。
e0298164_21272586.jpg

こちらはお花 紅葉したアイビーがきれいだった。
それに真紅の薔薇がゴージャスな雰囲気♪
e0298164_21281825.jpg


知人から小豆島の手打ちうどんのおすそわけが届く。
時々お取り寄せして食べているそうだ。
お昼に母といただく。
つるつるしてとっても美味しい手打ち麺だった。
e0298164_21353130.jpg

食べた後、私が子供の頃の話になった。
私が子供のころは玄関のところだけ石造り風でモダンな建物が残っていた。
通っていた床屋さんもそうで、大きなガラスの押し扉を開けて中に入ったものだった。
東欧の人の様なきれいな顔立ちのおばさんが一人でやっていた。
おばさんは娘さんを亡くし、幼い孫を見ながら仕事を続けていた。
髪を切っている間も、言葉多からず少なからずでとてもさりげない配慮のある方だった。
帰りには必ず10円の駄賃を握らせてくれた。
駄賃こ(秋田では語尾にこをつける)をもらうのはとてもうれしかった。
また来てほしいという意味合いだったようだ。
黒い皮張りの椅子も剃刀やはさみを砥ぐ皮のベルトの様なものも懐かしい。
母よりも少し年上だったおばさんは元気にしているだろうか。

晩ご飯
 鰈のから揚げ、野菜のスープ
e0298164_22264412.jpg

おべんとう
 海苔おにぎり マヨ入り『入り卵』、蒲鉾、ハタハタの佃煮
e0298164_2229625.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2013-12-25 21:19 | いいもの

クランベリーのカップケーキ

新聞の土曜版で見たクランベリーのカップケーキが美味しそうだった。
ケーキにかかった真っ白なお砂糖が雪のようできれいだった。
ドライクランベリーはゆうべブランディーにつけておいた。
生地を作りカップに入れてオーブンへ。
e0298164_21103975.jpg

20分ほどでカップケーキが出来上がった。
次はアイシング、レモン汁と少々のお水を粉砂糖に混ぜてケーキに塗る。
レモン汁が多かったのか真っ白なアイシングにはならなかった。
このケーキにはレモンの皮のすりおろしがたっぷり入っていてとても香りがいい。
豪華なケーキもいいがクリスマスにはこんな素朴なケーキもいいなあ~。
e0298164_21135890.jpg


これはお願いして送っていただいた紙皿に書いた絵。
数日前からテーブルの上に飾っていた。
左側の小さなお皿はクリスマスマーケットの様子♪
マーケットに来た人々がいきいきと描かれている。
ありがとうございました。
e0298164_2119224.jpg


今夜はイブだが我が家はいつも通りの夕食
でも昨日買ってきたスモークサーモンがあったので、セロリときゅうりでマリネにした。
e0298164_21223933.jpg

三五八漬けのハタハタも今夜はワインのおかず
e0298164_21264157.jpg

皆さんも良きクリスマスを
e0298164_21311454.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2013-12-24 21:50 | 季節の行事

クリスマスの贈り物

明日はクリスマスイブ 
スーパーにはクリスマスケーキやチキン、豪華なオードブルが並び始めた。
先日、いとこの子どもYちゃんに絵本を一冊送った。
秋晴れの土曜日この方の素晴らしいお話を聴くことができた。
その会場になった図書館で見つけた絵本『もりのてがみ』をプレゼントに選んだ。
我が家の子供たちも大すきだった、片山健さん(絵)と奥様の令子さん(文)が作った絵本だ。
ほのぼのした絵と文が心をじんわりと温めてくれる。

寒い冬がやってきたある日、ひろこさんは手紙をかきます。
e0298164_224220100.jpg

初めにかいたのは、みどりいいろの目をしたリスあてです。
次はトカゲ、うたのすきなことり、のうさぎにも書きます。
手紙を書くたびに大きなもみの木に下げにい行きます。
e0298164_22472698.jpg

そして最後に手紙を守ってくれているもみの木に手紙を書きます。
雪が降ってきてもみの木は真っ白になりました。
e0298164_22493897.jpg


長い冬が終わり、ひろこさんの玄関に木の実やお花のプレゼントが届きます。
ひろこさんは森のみんなに会いに出かけます。
e0298164_225304.jpg


この本と出合って『あ!あの木と似ている!』と思った木。
千秋公園の太鼓橋の手前にある大きなオンコの木(イチイの木)
春は八重桜の花びらでケーキのようになり、秋には色とりどりの落ち葉でまるでクリスマスツリーのように見える。
これは冬の初めの頃、雪つりをした頃。
e0298164_23104725.jpg

私の手元にもこの絵本が一冊ある。
いい絵本との出あうことは大人になってもとてもうれしいものだ。
******************************************************
晩ご飯
  男鹿の鯵でお刺身・作り置きのハタハタの甘露煮・いわしとねぎのすり身揚げ
e0298164_2364013.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2013-12-23 22:21 |

冬至

一年巡ってくるのが早く感じる、もう今日は冬至。
朝は一面の雪景色、エゴの木に雪の花が咲いていた。
e0298164_121087.jpg

若いころお世話になった方の訃報があり、家人はお別れに出かけたりしたが、私は家でご冥福を祈った。
もう20年近く前、我が家でささやかなお祝いごとがあった時、出先で背広のポケットからいくらか取り出し、紙に包んで『お祝い』と書いたものをさりげなく渡されたことがあった。
見かけによらず情が深いやさしい人だった。
e0298164_1193380.jpg


冬至は一年で昼の長さが一番短い日だが、日中は青空でリビングのストーブを消して過ごした。
お昼には温かいそうめんをいただき、その後母としばらくテレビで録画しておいた映画を見た。
先日ニュースでも特集が組まれた是枝監督の作品だった。
樹木希林さんはいい女優だと思う。

夕食はきりたんぽだったので小豆粥は「またいつか」ということにした。
ラグビーボールの様な「ロロン」というかぼちゃは夏から何個食べたことだろう。
しっとりとして甘くて本当に味のいいかぼちゃだった。
これが最後の一個になった。
遠来の柚子は今年も見事な出来栄えで家族みんなでその色と香りに感激した。
雪の降る当地では冬至のころしか店先に並ばない貴重なもの。
美味しい柚子酢も作って一年間大事にいただきます。
e0298164_1345891.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2013-12-22 23:05 | 季節の行事


*いらっしゃいませ*


by hanamomo06

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体

郷土料理
自然
おでかけ
日々のこと
食べ物
おいしいもの
料理
いいもの
母の思い出話
季節の行事
うれしいこと

懐かしいこと
家で・・・
秋田
お菓子
未分類

最新の記事

引っ越します
at 2015-09-01 21:20
美辞麗句
at 2015-08-31 20:11
桂の木
at 2015-08-30 20:54
時代劇
at 2015-08-29 22:01
秋色紫陽花
at 2015-08-28 21:00

以前の記事

2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

フォロー中のブログ

APPLEPIE QUI...
夢見 油彦 の「ニッキは...
arinco's kit...
気まぐれフォト日記
ぽー&きぃ
まさかり半島日記
TERVE !!
アナログの家が好き!高座...
えいじのフォト徒然日記
人生万事塞翁が馬
もの思うゆえに
一花一葉
湘南発☆韓わん生活(ハウ...
梟通信~ホンの戯言
VANILLAな哲ちゃん...
毎日手紙を描こう★貰うと...
八十代万歳!  (旧 七...
ライフノート
草のいろ
更紗の国から
流木民
春のよき日に
Hello from K...
おうち*
暮らしのエッセンス   ...
維摩と語る
ハイチュウ Hai Trieu
たまがわ日和
お気楽散歩道 ...
押し花おばさんの気まぐれブログ
楽・遊・学・ビバ人生!!
明日晴れるかな
夢見る頃を過ぎても
一茎草花
ポルトガル便り~ヨーロッ...
●おのひきだし
やっぱり旅が好き♪
私がローマで独りで始めたわけ 
田園LIFE
四季日和
オランダおいしいくらし
アインのしっぽ
北鎌倉のお庭の台所・藤田...
思いのままに
オイシイって楽しい!
出来るかな日記6
てぶくろ
山歩路通信―さんぽみちつ...
絵日記日和
風と花を紡いで
気がつけば50代
あれこれ逍遥日記 Vol.2
そらいろのパレット
AKITTY's Room
驢馬の耳
ばぶなばぶ
Boke帽子Ⅱ
てくてく散歩 Ⅱ
花図鑑
桜さくさくほろ酔い日記

外部リンク

最新のトラックバック

偽装する経営者よ、落語で..
from 梟通信~ホンの戯言
こしあぶら
from オイシイって楽しい!
しめ彼岸
from まさかり半島日記
★おひなさまの記事トラッ..
from ありがとうはまほ(う)のことば

検索

タグ

その他のジャンル

画像一覧