<   2014年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

古城山のさくら

これまで何度もたずねている角館のまち でも、こんなに美しい古城山を見たのは初めてだった。
ここは戸沢氏の居城のあった所で、今は公園になっているそうだ。
桧木内川にかかる橋を渡ると吉野山のような花霞の古城山が目に入った。
手前には紅しだれもあり、まるでパステル画のような風景だった。
(画像をクリックすると大きな写真になります)
e0298164_19361666.jpg

川堤の染井吉野を楽しんだ後、たくさんのしだれ桜がある武家屋敷通りへ向かった。
どっしりとした老木の桜の魅力は枝振りのすばらしさ
e0298164_19431131.jpg

静かな朝の武家屋敷どおりを歩くのは贅沢な気分だ。
e0298164_19451842.jpg

みやげものやの建物にも美しい枝垂れ桜が流れて落ちる。
e0298164_19474175.jpg

伝承館の前の枝垂桜も美しい。
e0298164_19493985.jpg

黒塀と枝垂桜 引き立ての相乗効果は抜群だ。
e0298164_19521933.jpg

武家屋敷と桜
e0298164_19531686.jpg

この細い枝にたくさんの花をつける桜の力強さ
e0298164_19551423.jpg

                                 さくら もう少し続きます♪
******************************************************
来客あり
 孟宗竹の瓶詰め(友人作)で筍ご飯
 庭の木の芽を飾る いい香りでうっとり~
e0298164_19594448.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2014-04-30 20:00 |

桧木内川の桜

私の住むところより少し遅い開花の桧木内川堤の桜並木
そろそろいい頃だろうと出かけてみた。
大型連休とはいえ、昨日は月曜日だし、それほど混まないだろうと5時前出発。
あいにくの曇り空だが『花曇』という風流な言葉があるではないか。
いつもの年だと、武家屋敷どおりの桜見物の人に酔ってしまい、すぐ近くなのに堤まで足を伸ばせずに帰ってしまっていた。
橋の手前まで来たら『咲いている、咲いている、ほぼ満開だ!』
橋の上で車を止め、2キロも続く桜を撮る。
e0298164_16214715.jpg

曇っているせいか昔の写りの悪い絵葉書のようだ。
ソメイヨシノのほんのりとした桃色はグレーの空にもなかなか合う。
e0298164_16232672.jpg

向こうに見えるのは『古城山』、小さいけれどこんなに桜が咲いていると『吉野山』のようで感激!
橋の欄干にもピンクの桜の飾りがついている。
e0298164_162563.jpg

これから桜のトンネルをゆっくりと歩く。
e0298164_16255298.jpg

こんなに桜があると香りがいい。
桜餅の香り
『たぐひなき思ひいではの桜かな 薄紅の花のにほひは』
本当に美しい、春は西行の気持ちになる。
出羽の国とあるがこの句はかみのやまあたりで詠んだ句らしい。
e0298164_1635372.jpg

桜の間からまた『古城山』が見える。
e0298164_16275435.jpg

この川堤でにぎやかに隣人とお花見をしてからもう20年もたった。
とてもいいお天気でご飯を食べ終わってから安藤醸造元までお店を冷やかしながら歩いた。
宇都宮に住んでいる友人にこの写真を送ろう。
懐かしんでくれるかな。
e0298164_1642679.jpg

これから武家屋敷どおりへ向かう。
街全体がさくら色に染まっていた。
e0298164_16434476.jpg

                                         つづく
*********************************************************
今日は23℃ 初夏の陽気 洗濯、布団干し、お掃除、夫は窓拭きよくがんばった。
お昼ごはんは『ひやしとろろたぬき』
e0298164_16463999.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2014-04-29 16:47 |

山桜の工芸品

秋田の桜樺細工は山桜の樹皮を使って作る工芸品だが、新しい形のものが作られている。
先日 新美術館の水庭のあるギャラリーに展示されていたお菓子入れが目に留まった。
山桜とかえでなど他の木の組み合わせて作ってあった。
e0298164_2315977.jpg

少し前に数種類の木を組み合わせて使った茶筒が人気で、海外でも広く使われていると聞いた。
角館に伝わるイタヤ細工など北欧の手仕事などとも似ているところがあるから、海外の人たちが好きになるのは不思議なことではないだろう。
茶筒も日本茶だけではなく、紅茶を入れたり、コーヒー豆を入れたり思い思いに使っているらしい。
何本か求めてインテリアとして並べている方もいるそうだ。
さて、この菓子器、自分用に使うのも楽しそうだ。
秋田のもろこしなど入れてもよさそうだ。
開けるとそんな感じだった。
e0298164_23234096.jpg

*********************************************************
家族で見るさくら
 
e0298164_23245830.jpg

                                          千秋公園で
*********************************************************
晩ごはん
  大きな鯖が安く手に入ったので『鯖の立田揚げ』
e0298164_2327986.jpg

  ほろ苦い菜の花 マヨネーズにマスタードとお醤油を入れてかけた
e0298164_23292044.jpg

  もやしのおひたしと長いものすりおろし
e0298164_23295895.jpg

*********************************************************
手ぬぐいもさくら
e0298164_2331220.jpg

 枝垂桜を図案化したようで気に入っている一枚
e0298164_23314391.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2014-04-28 23:31 | いいもの

満開だ~

早朝5時 母は寝息をたててぐっすりと眠っている。
静かに着替えて 5時半に家を出る。
日中は用事があって外出できないのでこんな時間に出かけた。
桜は散り際もいいが、満開の桜にも会いたいという切なる願い。
薄い上着、木綿のマフラー、手袋をして出発、寒い!
芽吹いたばかりの川の木々の隙間から朝の光がこぼれる。
e0298164_1751403.jpg

10分ちょっとで千秋公園に着く。
去年は花つきの悪かった桜、今年は見事な花を咲かせていた。
e0298164_175522.jpg

露店はまだ開店前だが、前の日のおこぼれに預かろうとするカラスが気味悪いほどいた。
遊歩道を作るため、ここにあった見事な藤棚はなくなってしまったが、コルクのような道は靴底あたりがソフトでいい。
e0298164_1757821.jpg

早朝の公園のよさは空気がよいこと、それに人が少なくゆっくりできること。
小さいころはものすごく歩かなければならないと感じていた高台まであっという間に着いた。
この階段を上るのも大変だったなあ。
e0298164_1805410.jpg

本丸で一人のおじいさんと会った。(その話は後日)
お互いお勧めの場所など教えあって話しながら散策した。
公園の向こうには秋田市街が見える
e0298164_1892269.jpg

表門にも桜の花が重なる
e0298164_1895781.jpg



時計は6時半 もう一箇所行こう!!!
ここは今日あたりが最高の場所(下見済み)
昨年は雨だったが川沿いに千本の桜が植えられている。
風がないので鏡のように桜が映っている。
e0298164_1814568.jpg

大きな枝は川面に届きそうだった。
e0298164_18144939.jpg

ずっと川べりを歩きたかったがそろそろ帰らなければ・・・・・・・・後ろ髪ひかれる思いとはこのこと。
帰宅7時、朝ごはん作り ちょうどご飯が炊きあった。
****************************************************
お昼ごはん
 春キャベツ、新たまねぎをたっぷり入れてお好み焼きをした。
 このところ高値になった海老と冷凍庫のやりいかを刻んで入れた。
 お好み焼きを作ったのにはわけがある。
 香りのいい生の青海苔をたっぷり入れて焼きたかったから・
e0298164_18214465.jpg

 野菜がたくさんなのでふわふわして美味しい。
e0298164_18221623.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2014-04-27 17:45 |

火の用心

朝ごはんに炊いたご飯をおにぎりにし、ちょっと郊外までドライブした。
e0298164_392081.jpg

山の方のさくらはどうだろうと、いつも我が家の和室から見える太平山の方へいった。
ついこの前まで深緑色の杉と枝だけの枯れ色だった山がどんどん春の色に変わってきた。
ところどころに山桜の桃色が入り、山にも本当の春がやってきた。
3月半ばは雪ではいることができなかった神社にまた立ち寄る。
そこで思いがけない花と会った。
e0298164_316291.jpg

岩見ダムをめざす 登っていくとまだ雪がある。
一番上まで行くとなにやら様子が変だった。
e0298164_3211526.jpg

『バチバチ』というものすごい音、煙、真っ黒な燃えかすも飛んでいる。
原野火災だとわかった。(今日の秋田は21度)自然発火?
e0298164_322116.jpg

下ってくると消防車とすれ違った。
e0298164_3243286.jpg

こんなお花とも会った。(延齢草)
e0298164_3285824.jpg

そして、春の妖精にももう一度会えた!
e0298164_3293589.jpg

*****************************************************
連休なのでワインを飲む
チキンナゲットを作る(ささみ・たまねぎ・卵・小麦粉・塩コショウ)
新たまねぎとハムのマリネ
e0298164_3323588.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2014-04-26 23:06 | おでかけ

さくらの木に会いに行く♪

母がいる和室の窓から大きなさくらの木が見える。
満開になってさくらだとわかった。
近所なので場所は大体見当がついた。
夕方 あのさくらに会いに行こうと思った。(買い物のついでに)
やっぱり思っていた場所だった。
e0298164_17313043.jpg

もう日が西に傾いてまぶしかった。
小高い丘のようになった場所にあって、散歩の人たちと言葉を交わす。
『この満開のまま少し長く見ていたいですね~』という方。
少しお年を召した女性は『何とか今年も花見ができた~』としみじみ言った。
枝垂桜も一本あって、その下に立つと、花かごの中にすっぽりと入ったような気持ちになった。
e0298164_1737237.jpg


さて、買い物先では、南の方からやってきた孟宗竹が並んでいた。
でも友人宅からの筍便りがくるまでじっと我慢する。
母の好きなキャベツ グリーンボールを買い、この前品切れしていた生の青海苔をたくさん買った。
小分けにして冷凍しよう。(ブログの友達が教えてくれた)
美味しいお好み焼きを作りたいな~(頭の中は青海苔の薫り高いお好み焼きでいっぱいになる)
大根は高かったのでやめたが、大きな甘夏が安かったので買った。
家と家の隙間からも満開のさくらが見える。
振り返ると太平山の下に桜並木が美しい。
e0298164_17422799.jpg

帰り道、もう一度桜並木の道まで登ってさくら見物。
夕日が当たり始めたさくらも美しい。
若者が一人リュックを下ろして座り、ずっとさくらを見ていた。
邪魔しないようにそおっと帰ってきた。
e0298164_17453532.jpg


毎年ご近所に咲く美しい八重桜 持ち主も名前を知らないという。
e0298164_17491537.jpg

さくらが咲いて少々浮かれ気味、明日は20度になるらしい。
夕方 ブログがご縁の方が遠い街から一冊の本を送ってくださった。
これも花にまつわる本、ありがとうございました。
******************************************************
青海苔で
ポテトチップスの青海苔味にヒントを得て作ってみた『青海苔じゃがバター』
ジャガイモをゆでて〔蒸しても〕熱々に少量のバターを入れて混ぜ、お醤油もまわし、適量の生の青海苔を混ぜたもの。
生の青海苔は香りがすばらしく、とても美味しかった。
おしょうゆを塩に変えると色がもっときれいだと思う。
e0298164_20124989.jpg


お昼ごはん
 久しぶりに作ったナポリタン
たまねぎをこんがりするまでいため、トマトピューレを入れて煮詰め、ソーセージ、コーンをいれ味を見て塩コショウ、それにゆでたパスタをいれてあえた。
e0298164_20153432.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2014-04-25 20:17 |

かがやく

朝6時過ぎ朝日が昇り始めて我が家の芽吹いたばかりのえごの葉が輝いていた。
柔らかなきみどり色、日本の伝統色だと『若草色』だろうか。
つんつんと立っている葉っぱに光があたってきらきらしていた。
何枚かシャッターを押して、何とか光が感じられたのがこの一枚だけ。
あしたになればもう少し葉っぱは大きくなって色も少しずつ濃くなっていく。
一期一会、春は美しいものが多くて瞬きするのも惜しい季節だ。
e0298164_19153976.jpg

千秋公園のさくらが満開になったとテレビが報じていた。
数日前に行った新美術館の水庭ギャラリーからは萌えはじめた柳が見えた。
一年で一番柳の色が美しいとき、棚の展示品もガラスのものが増えていた。
e0298164_19225129.jpg

角館の桧木内川河川敷はまだつぼみらしいが週末にはかなり咲くだろう。
近所の公園の桜も、お隣さんの桜も満開でどこでもお花見ができる。
e0298164_19204759.jpg

週末お花見弁当を作って出かけようかな。

冷たい稲庭うどん
 乾燥桜海老も新物が出た。
 新たまねぎと新にんじんも入れてかき揚げをつくり、頂き物の美味しいつゆでいただいた。
 最近揚げ物はなるべく昼にと思って小さなかれいもおかずにした。
e0298164_1927266.jpg


さくらアイス
 限定につられて買ったさくらアイス、味はさくらんぼに近かった。
 秋田・井川のガソリンスタンドで売っているさくらソフトがある。
 こっちは桜餅の葉っぱの味で私はこちらが好みだった。
e0298164_19294424.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2014-04-24 19:29 | 自然

街角の花

街の小さな花屋さんの店先がにぎやかになってきた。
パンジー、ビオラ、ヒメツルソバもあった。
e0298164_19475245.jpg

街角には春の花を使った美しい寄せ植えが置いてあった。
宝石店の前にはエリカの寄せ植え
4月になっても冷え込む日があるので寒さに強いエリカの花は安心なのかな。
この花は雪の中でも咲いている。
e0298164_1949575.jpg

いつも玄関をきれいに飾っているブティックのまえににも素敵な演出
緑の木の椅子に水仙がどっさりといけてあった。
外国みたいでいいなあ~と行ったこともない海の向こうの街角を想う。
e0298164_19533142.jpg


私が大好きな場所も萌えだした木々と咲き出した桜とがパステル画のように美しい。
e0298164_1954538.jpg


昨日一休みした水庭のあるカフェからも美しい柳と桜の木が見えた。
春は水の色も美しい。
e0298164_1956378.jpg

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
晩ご飯
  いわしの生姜煮
e0298164_1957181.jpg

  新のつく野菜の和風煮(お醤油とみりんで薄味に)
e0298164_19582957.jpg


おべんとう
おこわおにぎり、海苔おにぎり、おかず(つぼみ菜と鯖缶の炒め物、魚肉ソーセージ、卵焼き、漬物)
e0298164_200093.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2014-04-23 20:00 |

さくら

父の命日にこんなにきれいにさくらが咲いたのは珍しい。
e0298164_20305731.jpg

50代で父が亡くなったとき仕事仲間はまだ皆現役だったのに、長い年月が過ぎ、多くの人がそちらに行ってしまった。
『今年は大の仲良しだったKさんも、つい先日はMさんもそちらへ渡って、みんなそろってにぎやかでしょう』
花好きだった父に供えたのは庭に咲いた『口紅水仙』と萌えだした野バラの枝。
e0298164_20182112.jpg

いいお天気だったので私も近くまでぶらぶら花見に出かけてきた。
いつの間にか川沿いのさくらがほぼ満開になっていた。
e0298164_20272772.jpg

下を見るとかわいい青い妖精が咲いていた。
e0298164_1832697.jpg

今日は母もリハビリの仲間とこの川の延長線上でお花見を楽しんだという。
さくらの季節に父が逝って、母にとってもこの花は特別の花になった。
さくらはそれぞれが抱える悲しみを包みこむためににぎやかに咲いているようにも見えた。
e0298164_20295291.jpg


晩ごはん
 筍ごはん(筍ご飯用に保存していた最後の筍で)
 新にんじんときゅうりの白和え
 たらの粕漬けとつぼみ菜のおひたし
e0298164_20331760.png

[PR]
by hanamomo06 | 2014-04-22 20:42 |

出てきた、出てきた

先週見つけた土筆、気持ち悪いほど群生していた。
絵本に出てくるとかわいいイメージのつくしだが、あまり好きになれないのは『これが全部スギナになってしまう』という恐怖心が伴うからだ。
e0298164_19503835.jpg

我が家の庭も新芽のラッシュ、友人の山から移植した山椒
柔らかな新芽をすり鉢ですって味噌を混ぜ筍を和えて食べたい。
e0298164_19523882.jpg

挿し木にしてみたスグリからも新芽、うこぎごはんももうすぐ食べられそう、ひろっこは青々となってしまったが、何かに添えてなら食べられそうだ。

桜桃の花はもう散り始めるだろう。
甘い香りはまだしっかり残っていた。
桜より一足早く春を感じさせてくれありがとう♪
e0298164_1956773.jpg

*******************************************************
ほたるいか
  春の食材の一つほたるいかを酢味噌で食べた。
  こんなに小さな体にみそがたっぷり入っていて、甘くおいしかった。
  さしびろをゆでたものを添えた。
e0298164_19582836.jpg


かぼちゃ入りおからどーなつ
   秋田の美味しい豆腐屋さんのおからが手に入り、おからどーなつにした。
   冷凍のかぼちゃを蒸してつぶして混ぜて、少しだけ粉をまぜて作った。
e0298164_2005472.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2014-04-21 20:00 | 自然


*いらっしゃいませ*


by hanamomo06

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体

郷土料理
自然
おでかけ
日々のこと
食べ物
おいしいもの
料理
いいもの
母の思い出話
季節の行事
うれしいこと

懐かしいこと
家で・・・
秋田
お菓子
未分類

最新の記事

引っ越します
at 2015-09-01 21:20
美辞麗句
at 2015-08-31 20:11
桂の木
at 2015-08-30 20:54
時代劇
at 2015-08-29 22:01
秋色紫陽花
at 2015-08-28 21:00

以前の記事

2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

フォロー中のブログ

APPLEPIE QUI...
夢見 油彦 の「ニッキは...
arinco's kit...
気まぐれフォト日記
ぽー&きぃ
まさかり半島日記
TERVE !!
アナログの家が好き!高座...
えいじのフォト徒然日記
人生万事塞翁が馬
もの思うゆえに
一花一葉
湘南発☆韓わん生活(ハウ...
梟通信~ホンの戯言
VANILLAな哲ちゃん...
毎日手紙を描こう★貰うと...
八十代万歳!  (旧 七...
ライフノート
草のいろ
更紗の国から
流木民
春のよき日に
Hello from K...
おうち*
暮らしのエッセンス   ...
維摩と語る
ハイチュウ Hai Trieu
たまがわ日和
お気楽散歩道 ...
押し花おばさんの気まぐれブログ
楽・遊・学・ビバ人生!!
明日晴れるかな
夢見る頃を過ぎても
一茎草花
ポルトガル便り~ヨーロッ...
●おのひきだし
やっぱり旅が好き♪
私がローマで独りで始めたわけ 
田園LIFE
四季日和
オランダおいしいくらし
アインのしっぽ
北鎌倉のお庭の台所・藤田...
思いのままに
オイシイって楽しい!
出来るかな日記6
てぶくろ
山歩路通信―さんぽみちつ...
絵日記日和
風と花を紡いで
気がつけば50代
あれこれ逍遥日記 Vol.2
そらいろのパレット
AKITTY's Room
驢馬の耳
ばぶなばぶ
Boke帽子Ⅱ
てくてく散歩 Ⅱ
花図鑑
桜さくさくほろ酔い日記

外部リンク

最新のトラックバック

偽装する経営者よ、落語で..
from 梟通信~ホンの戯言
こしあぶら
from オイシイって楽しい!
しめ彼岸
from まさかり半島日記
★おひなさまの記事トラッ..
from ありがとうはまほ(う)のことば

検索

その他のジャンル

画像一覧