<   2014年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

野の花

花屋さんで売っている花よりも野に咲く花が好きになった。
昨日夕方薬局まで行ったとき、駐車場の片隅にきれいなハルジオンが群生していた。
夕方なので花は閉じていたが濃い桃色の花だった。
その隣にはマメ科の花、前に見つけた『クサフジ』とはちょっと違うような気がしたが・・・・。
一緒に花瓶に生けたらきれいだろうと思い、花摘み開始。
片手にもてるだけ摘んで帰った。
e0298164_17322157.png

ガラスのコップに生けて籠に入れた。
まだ陽が高かったから外で撮った。
e0298164_17325851.jpg

エゴの花に来ている蜂さんが小さな花瓶にも来てくれた。
蜂さんのおしりは花粉で黄色になっている。
e0298164_1735183.jpg

そして今朝、ベランダに出るとハルジオンがぱっと咲いていた。
朝日の中でもう一枚撮る。
e0298164_17362550.jpg

******************************************************
美しい赤
 久しぶりに産直へ出かけた。
 露地栽培のほうれん草が出ていた。
 根元の赤がきれいだ。
e0298164_17384123.jpg

 こちらは旬を迎えた『みず』根元が真っ赤で粘りそうだ。
 赤い根元の皮をむくのは根気がいるが、一番美味しいところなのでがんばってむいた。
 真ん中に写っているのはミズの花
 韓国からのお土産にもらったかわいい飾りに似ている。
e0298164_17413982.jpg


Moreリモコン操作かな?
[PR]
by hanamomo06 | 2014-05-31 17:22 |

枇杷

うっかりすると食べ損ねてしまう果物『枇杷』
小粒だったがふんわりとした産毛に覆われた長崎の茂木枇杷を買った。
小さい頃母方の祖父が
『桃・栗三年 柿八年 梨のばかやろ十八年』ということわざを教えてくれた。
あのみずみずしい大好きな梨にばかやろとはすごく失礼なことわざだが、長い年月をかけて実を結ぶことを教えることわざなのだろう。
調べてみたら枇杷は13年と書いたあった。
13年か・・・・・・今年植えれば枇杷が食べられるかもしれない、元気だったらの話だが。
植えてみようかな♪という気にしてくれたのは
『寒冷地でも冬期の最低気温-10℃程度であれば生育・結実可能』という文を見つけたからだ。
でも果樹は甘くするにはとても難しい技術があるというから、季節に1度か2度買って食べたほうが楽かもしれない。
e0298164_1556956.jpg


お昼ごはん
山形遊佐町でとれたオオチカラという超大粒種米で作った『米粉麺』をお土産にもらった。
半生の麺でつるつるとしていてとても美味しい。
米粉が9割に馬鈴薯澱粉をつなぎに使っているらしい。
e0298164_15593375.jpg

前に大潟村産の米粉麺を食べたことがあるが、こちらのほうが格段に美味しかった。
そういえばベトナムのフォーも米粉麺だ。
作り方はちょっと違うらしいが。
e0298164_162132.jpg


十二単衣
 庭の片隅に出てくる十二単衣(シソ科)草の緑の中からはっとするほど美しい紫色の花が見える。
 濃い紫色をしたこの花は外来種で、少なくなっている野生の十二単衣はもっと薄い紫色をしている。
e0298164_1654995.jpg


くしゃみ・はなみずがとまらない
朝5時、目が覚めたのでクローゼットの片付けをした。
母のパジャマや衣類の入れ替えをしなければとずっと思っていたが、寒い日もあったりしてなかなか進まなかった。
エンジンがかかったときにやるのが一番なので、今朝取り掛かったのだが、終わったらくしゃみ・鼻水のオマケがついてきた。
アレルギーチェックでハウスダストの数値が高い。
ちなみに母が反応したものはひとつもなかった。
すごいと思ったら、かかりつけ医曰く
『ご高齢な方たちは比較的アレルギーのない人が多いです』と。
適度なほこりに適応できるのですね、やっぱりすごいな~。
[PR]
by hanamomo06 | 2014-05-30 16:13 | おいしいもの

散髪

こどもの頃通っていた床屋さんの建物が好きだった。
みんな和風の家が多かった時代、洋館のような石造りの玄関があり、大きなガラスの扉を押して中へ入った。
昨日から急に気温が上がり始めて、母も大量の汗をかくようになった。
昨日は暑さにやられたのか、早々と寝てしまい、早朝目を覚ましてまた眠っていた。
暑くなって、伸びてしまった母の襟足が見ていて我慢できなくなった。(私が)
お昼ごはんの前に散髪しようということになった。
『あまり短くしないでね』としつこく言う。
何でもリハビリに来ている方が娘に虎刈りされてかわいそうなのだそうだ。(娘も大変です)
これくらいならどうでしょう?とデジカメで撮ったものを見せる。
e0298164_17240100.jpg

『まあまあ』という返事をもらい続ける。
私は癖っ毛だが母はうらやましいほどのまっすぐな髪。
だから切りすぎは禁物だ。
切っているところを家人が撮ってくれた。
e0298164_1745474.jpg

出来上がりを鏡にうつしてOKをもらい、シャンプーしてさっぱりしたようだ。
e0298164_1755248.jpg

素人の散髪ゆえ、切り残しは随時手直しすることになっている。(笑)

冷やし中華のお昼
  ささみの寒麹漬けを焼いてほぐしたものをのせた。
e0298164_1765728.jpg

*****************************************************
今日の椿(母の部屋に)
e0298164_179942.jpg

双子だと思っていたら三つ子だった。
e0298164_1795154.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2014-05-29 17:10 | 日々のこと

朝市

久しぶりに五城目の朝市に出かけた。
500年も前から続いている朝市で、毎月2.5.7.0のつく日に市がたつ。
e0298164_20165624.jpg

もう一度美味しい蕨が食べたくなってこの朝市を目指したのに、途中の藤がきれいであちこち寄り道したら、もう店じまいをしているところが多かった。
それでも一番端っこのお店で一把だけ残っていた蕨を買うことが出来た。
e0298164_20103376.jpg

何年か前、テレビの旅番組に出ていたおばあさんと会った。
女優の安藤サクラさんが旅人で、そのおばあさんの家まで一緒にリヤカーを引きながら行ったのを覚えている。
あれから2年がたち、足が痛くてリヤカーが引けなくなったとさびしそうに話していた。
朝市のものはあとで息子さんが車で取りに来てくれるそうだ。
おばあさんは半世紀以上この朝市にお店を出し続けているという。
『とびっきりの笑顔のHさん、がんばってくださいね』

これから植えつける苗を商っているところが多かった。
e0298164_20162243.jpg

あとは、ほとんど店じまいの途中、次回は早く来なければ。
シジミのお店があった。昔、八郎潟で獲れた魚介類はすごかったという。
e0298164_20174086.png

帰りに地元の肉屋さんキンスケヤでイカミンチカツを買ってお昼に食べた。
100円に10円のサービス券がつく。
『ここで食べる?』おばさんの言葉が温かかったなあ~。
揚げたてのコロッケをお店でほおばる若者が多いのかもしれない。
e0298164_20214595.jpg

ここは秋田のおいしい郷土料理『たまこ鍋』発祥の地
ご当地キャラのだまこマン
e0298164_20234996.jpg

*******************************************************
おべんとう
小さなしょうゆ焼きおにぎり おかず(筍の煮物・浅漬け・ゆでたまご)
e0298164_20283034.png


晩ご飯
 暑くてなるべく火を使いたくなかった。
 そんなときは『お刺身』 蛸と鯛
e0298164_20292717.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2014-05-28 20:30 | おでかけ

新笹

山の藤は今が見ごろ。
お天気はいまひとつだが、ドライブする。
高い杉の木のてっぺんまで蔓が延びて見事な花を咲かせている。
色も薄かったり濃かったり・・・・・。
低いところに咲いているものを見つけてカメラを向けてみた。
e0298164_18261782.jpg

これはずいぶん色のがきれいな藤だった。
日本舞踊の藤娘でつけるかんざしを思い出した。
e0298164_18275769.jpg


新しい笹も出てきた。
出てきたばかりの新笹は黄緑色でみずみずしい。
e0298164_18312156.jpg

何枚か採らせてもらって持ち帰った。
お弁当の仕切りに、魚を煮るとき底に敷いたり、盛り付けの彩りに使おうと思った。
持ち帰った新笹はさっとゆでて冷凍した。
e0298164_18314653.jpg

*******************************************************
今日の椿
e0298164_18321850.jpg

てぬぐいは棚田
e0298164_19431856.jpg

端っこに犬が一匹
e0298164_19434883.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2014-05-27 19:43 | 自然

たにうつぎ

春という季節がすすんで、少し夏の気配がしてくる頃、いっせいに鮮やかな桃色のつぼみが開く『たにうつぎ』
緑の葉の中に小さなつぼみがちらちら見えると、そう時間をおかずにあっという間に滝のように咲き誇る。
今年もそんな季節がやってきた。
ちょうど田植えがすんで、田んぼの水がむるむ頃の花だ。
e0298164_169566.jpg

江戸末期、旅をしながらすばらしい本を残した『菅江真澄』は、飢饉のときはこの若い葉を御飯に混ぜて量を増やして食べたと記している。
でもこの木はとても忌み嫌われている。
諸説あるようだが、死者のお骨を拾うときにこの木で箸を作って使ったというのを聞いたことがある。
今でも高齢の人たちは、この木を『家に飾るなんて、もってのほかだ』と血相変えていう。
『死』ということが恐れられていた頃の名残なのだろうか。

かまわないで置くと、枝が地面まで這うようにして花が咲く。
空木(うつぎ)の中で一番きれいだとされている花がこれほど忌み嫌われているのは皮肉だ。
e0298164_16201727.jpg


風はあったが、梅雨に入る前のような蒸し暑い一日だった。
エゴの木の新緑は日に日に鮮やかになり、つぼみの先端が白くなってきた。
星のような形の花が咲くのもすぐだろう。
e0298164_16222270.jpg


お昼
 お肉を切らしていたのでツナと冷凍のとうもろこしでパスタを作った。
 暑い日だったので、タバスコでパンチの効いた味にした。
 出来上がりはまるで焼きそばのようだ。
 生のパプリカを刻んでのせたのも紅生姜に見える。(笑)
e0298164_1626890.jpg

 サラダ代わりにきゅうりの中華風漬け
 切ったきゅうり、ごま油、しょうゆ、酢をビニール袋に入れて30分くらい置くと出来る。
e0298164_1627296.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2014-05-26 16:27 |

最後の一輪まで

大木になった我が家の椿が終わりかけているが、つぼみも所々についている。
生けると2日は持つが、朝起きると下に落ちていたりする。
今朝も新しい枝を切って生けた。
込み入った葉はとることもあるが、自然の枝ぶりを大切にして生けている。
昼ごはんのあといつものようにソファーに横になったら面白い形が見えた。
最後の一輪まで楽しみたいと思う。
e0298164_1732416.jpg

雨が降ったりやんだりの静かな日曜日、新茶を淹れてゆっくりと新聞を読んだ。
そのあと買ってきた文庫本を読み始めたが睡魔に襲われ、読んだのは数ページだった。

夕方、母と大相撲夏場所の千秋楽を見る。
相撲を取り終えたあとに弟子から着せてもらう浴衣の柄がもう夏らしくなっている。
それぞれががんばっても頂点に立つのは一人に決まっている。
15日間楽しませてくれてありがとう。
母と一緒に暮らすことがなかったら相撲をみることはなかったかもしれない。

おやつにたまごやさんのシュークリームを食べた。
注文してからクリームを詰めてくれるのでシューがさくさくで美味しい。
e0298164_17405760.jpg


昨日見た小さな作品、ワイングラスをこんな風に使うのも楽しいな♪
e0298164_1745054.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2014-05-25 17:45 |

初夏の花

友人と華展へ出かけた。
初夏の木や花が会場を彩っていた。
切子のガラスに生けたさわやかな作品
e0298164_17919.jpg

見たことがないかわいい薔薇、北欧の食器らしいものにもさわやかな花
e0298164_17155434.png


新緑の水庭で美味しい珈琲を飲んだ。
e0298164_1713387.jpg

終わったと思っていた千秋公園のつつじがことのほかきれいですばらしかった。
e0298164_17134251.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2014-05-24 17:14 | おでかけ

家庭訪問の季節

やっと晴れ間が出て乾ききれなかった大量の洗濯物をベランダにだした。
階下を見ると、草の中に『シャガの花』が咲いていた。
あやめのような形をした花は一日花が多い。
大好きな『ひおうぎ』も夕方にはくるくるとねじれてしぼんでしまう。

今日は歯科の訪問日 若くてきれいな歯科衛生士さんが口腔ケアをしに来てくれた。
ケアが終わると母とも言葉を交わし、そのあとお子さんの話をされた。
もう小学生になるお子さんがいて、家庭訪問が終わったという話をされた。
初めて先生がお見えになるので彼女は花壇にもお花を植え、玄関にもきれいなお花を生けてお待ちしていたのに、玄関まで入らずに『いい環境ですね~』といって帰ったそうだ。
『来年はどうしましょうね』と笑った。

そうだ、5月は『家庭訪問』の時期だった。
我が家ではシャガが咲く頃だったので玄関にはいつもこの花を生けていた。
子供たちがお世話になった先生達はどうされているのかな?
先生が我が家に来るまでなんとなく落ち着かなくてそわそわしていた気持ちまで思い出した。
e0298164_1738372.jpg


遠いところから我が家の庭にやってきた「クレマティス」もつぼみをたくさんつけている。
とってもうれしい、今年は白い花器に生けてみよう。
e0298164_1741984.jpg

******************************************************
ミズ
 孟宗筍のお返しにと『ミズ』をいただいた。
 やわらかいグリーンボールと大根、きゅうり、に生姜も入れてさっと火を通したミズを入れた浅漬けを作った。
e0298164_1743303.jpg


お弁当
 筍ご飯、おかず(ポテトサラダ・つくだ煮・らっきょう・いちご)
e0298164_17444592.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2014-05-23 17:18 |

花盛り

今日も冷たい雨が降っていた。
気温は4月並み、じっとしていると寒くて上着が欲しくなる。
用事があって近所のうちへ行ったら玄関あたりがいい香り。
すずらんがたくさん咲いていた。
少し欲しいとお願いしたらたくさん切って持たせてくれた。
居間に生けてその強い香りに驚いた。
中学校の修学旅行で買った香水はこんな香りだったのか?
青函連絡船に乗って初めて渡った北海道、アイヌ村とお土産やで買ったスズラン香水のことしか覚えていない。
夜遅くまで騒いで先生に怒られた事も覚えている。
毎年スズランの季節になると思い出す40年以上前の記憶。
e0298164_17441715.jpg

あちこちのお宅にある山つつじも満開だ。
オレンジ色のつつじは葉の色がきれいで目にさわやかだ。
e0298164_1746345.jpg
*****************************************************
椿を生けかえる
 
e0298164_1747895.jpg

少し暗い場所に生けると、はっとするくらい艶っぽい。
e0298164_17481647.jpg


晩ごはん
 がさえびの酒塩焼き
e0298164_17485423.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2014-05-22 19:28 |


*いらっしゃいませ*


by hanamomo06

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体

郷土料理
自然
おでかけ
日々のこと
食べ物
おいしいもの
料理
いいもの
母の思い出話
季節の行事
うれしいこと

懐かしいこと
家で・・・
秋田
お菓子
未分類

最新の記事

引っ越します
at 2015-09-01 21:20
美辞麗句
at 2015-08-31 20:11
桂の木
at 2015-08-30 20:54
時代劇
at 2015-08-29 22:01
秋色紫陽花
at 2015-08-28 21:00

以前の記事

2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

フォロー中のブログ

APPLEPIE QUI...
夢見 油彦 の「ニッキは...
arinco's kit...
気まぐれフォト日記
ぽー&きぃ
まさかり半島日記
TERVE !!
アナログの家が好き!高座...
えいじのフォト徒然日記
人生万事塞翁が馬
もの思うゆえに
一花一葉
湘南発☆韓わん生活(ハウ...
梟通信~ホンの戯言
VANILLAな哲ちゃん...
毎日手紙を描こう★貰うと...
八十代万歳!  (旧 七...
ライフノート
草のいろ
更紗の国から
流木民
春のよき日に
Hello from K...
おうち*
暮らしのエッセンス   ...
維摩と語る
ハイチュウ Hai Trieu
たまがわ日和
お気楽散歩道 ...
押し花おばさんの気まぐれブログ
楽・遊・学・ビバ人生!!
明日晴れるかな
夢見る頃を過ぎても
一茎草花
ポルトガル便り~ヨーロッ...
●おのひきだし
やっぱり旅が好き♪
私がローマで独りで始めたわけ 
田園LIFE
四季日和
オランダおいしいくらし
アインのしっぽ
北鎌倉のお庭の台所・藤田...
思いのままに
オイシイって楽しい!
出来るかな日記6
てぶくろ
山歩路通信―さんぽみちつ...
絵日記日和
風と花を紡いで
気がつけば50代
あれこれ逍遥日記 Vol.2
そらいろのパレット
AKITTY's Room
驢馬の耳
ばぶなばぶ
Boke帽子Ⅱ
てくてく散歩 Ⅱ
花図鑑
桜さくさくほろ酔い日記

外部リンク

最新のトラックバック

偽装する経営者よ、落語で..
from 梟通信~ホンの戯言
こしあぶら
from オイシイって楽しい!
しめ彼岸
from まさかり半島日記
★おひなさまの記事トラッ..
from ありがとうはまほ(う)のことば

検索

その他のジャンル

画像一覧