<   2014年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧

乾杯♪

6時、梅雨らしい曇りの天気。
こんな日はもうちょっと寝ていたような気がしたが母と話しているうちに目が覚めた。
掃除をしてから母の髪を洗ってあげた。
『一日くらい大丈夫だから・・・・』と辞退するが、汗かきなのでこちらにしたがってもらう。
朝ごはんの時、母に『おめでとう♪』といわれる。
随分年をとったが、母に祝ってもらえることは幸せなことだ。

お昼ごはんのときは私が生まれた日のことを話した。
どちらの祖父母にとっても初孫でみんなに可愛がってもらったことなども・・・・。
『お赤飯食べたいでしょう?』と母に聞くと『難儀でないか?』と遠慮したが、作ることにする。
もち米をてんこ小豆の煮汁に漬けておき、いつもの作り方で作った。
お向かいさんにもおすそ分けしたら、今晩宴会で食べて~と『とこぶし』をもらった。(海老鯛だな)
メインディッシュは男鹿の鯛のバター醤油焼き
e0298164_10284849.jpg

誕生日の宴会が始まった♪
e0298164_20362535.jpg

ワインは北海道物産展で買っておいた『道民還元ワイン白の辛口』
母は飲めないので三ツ矢サイダー 久しぶりなようで「おいしい!」を連発
小さなお茶碗で赤飯も頂いた。
また一年健康で楽しいことをたくさん見つけて暮らしたい。(楽しいことばかりあるわけないけどね)
e0298164_20395166.png

ピンクの薔薇は夫からのプレゼント♪
一輪だけ食卓に飾ったらとても華やかでうれしい。
伸びてきたゴーヤカーテンをバックに撮った!
e0298164_204228.jpg

数日前に届けられた素敵なプレゼント 
私の大好きなものをたくさんありがとう♪
梅雨明けしたら皆さんにもご披露します。
e0298164_20441993.jpg

******************************************************
子猫たち
 昨日今日と姿を見せないのでさびしい。
でも今朝ちょっと泣き声がしたので、どこかで雨宿りしているのかもしれない。
少し前のものだが、虫か何かにじゃらけてたっちしているところ
子猫はどんなしぐさも可愛い、見ていて飽きないなあ~♪
e0298164_20471579.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2014-06-30 20:47 | うれしいこと

絹さや

家庭菜園をしているご近所さんからいただいた絹さやを食べた。
一番好きな食べ方あぶらいため
筋を取って中火で焦げないように炒める。
旬の野菜は甘さが違う!スクランブルエッグと。
茄子もおいしくなってきたので、青紫蘇をたっぷり入れて味噌炒め。
じゃがいもも秋田産(とうや)が出てきて味噌汁にした。
もう一つのおいしいおかずは『北海道の塩時鮭』脂がのっていてなかなか美味しい。
e0298164_1840100.png

絹さやの花は小さなスイートピーのようです。
e0298164_18737100.jpg

******************************************************
しろちゃんはきかんぼさん
 くろちゃんとじゃらけて遊んでいるところ
 だんだん本気になってくろちゃんをかじっています。
e0298164_1811826.jpg

******************************************************
サザエ
  夕方ご近所の人がサザエを持ってきてくれた。
  噛んでいるととてもおいしい。
  そしてほろにがさもあって夏の海を感じた。
e0298164_1949184.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2014-06-29 17:55 | 食べ物

立葵(たちあおい)

今日も秋田は32度のカンカン照り 梅雨空が戻るのは明日あさってのようだ。
母の薬をもらいに行った帰り、夏の花を見たくなって近くの公園に寄ってみた。
期待通り、見事な『立葵』が咲いていた。
梅雨に咲くことから『梅雨葵』とも呼ばれ、梅雨と真夏の架け橋のような元気な花を咲かせてくれる。
退職後、花作りに目覚めた祖父は家の後ろを全部花壇にしてたくさんの花を育てていた。
祖母やほかの家族は祖父の花を特に褒めもしなかったせいか、私が遊びに行くのをとても喜んでくれた。
植えてある花の名前は知らなかったが、季節ごとに好きな花があった。
夏休み前に行くとあったのがこの『たちあおい』
白やピンク、赤など、このはなを見ると元気が出た。
夏休みの絵日記にもたちあおいは青空とペアで描いた。
私の花好きの原点は祖父の育てた花々なのかもしれない。
e0298164_2013521.jpg

大好きだった歌人河野裕子さんの詠んだ歌
『日に透きて今年も咲ける立葵わたしはわたしを憶えておかむ』
ぎらぎらと照りつける太陽に向かって咲く花を見て、その花の前に立つ自分をしっかりと心に刻んでいたのだろうか。切ない歌である。
e0298164_20142524.jpg

椿も元気にがんばっている
5月の初めから今までいったいいくつの花を咲かせたのだろう。
残り少なくなってきたが、所々につぼみが付いている。
今朝涼しいうちに切って小さな蛸唐草の一輪挿しにいけたら暑いので見る見るうちに開いた。
7月に入っても咲くのだろうか?
e0298164_18494720.jpg

******************************************************
晩ご飯
  男鹿のひらめの味噌煮・きゅうりとわかめの酢の物
  露地物のきゅうりが採れるようになり、一段ときゅうりが美味しくなった。
  今日のような暑い日には酢のものが疲れた体をいたわってくれるような気がする。
e0298164_2055315.png

[PR]
by hanamomo06 | 2014-06-28 20:05 |

じゅんさい

つるりとしたのど越しの『じゅんさい』が旬を迎えた。
じゅんさいはゼリー状のものに覆われた水草
水草の若い芽や花のつぼみを食べる。
うっとうしい季節にぷるぷるとしたのど越しのよさは清涼感があってうれしい。
e0298164_212247.jpg

このじゅんさいが出ると、『みず』と一緒に夏向きの鍋を作って食べる。
鍋にする魚は鯛がいいのだが、今日は鱈の方が新鮮だったのでそれを買った。
美味しいだし汁をとり、塩と醤油少々で味付けし、酒と塩を入れたお湯でさっと霜降りにした鱈をいれ、すりこ木でたたいた『みず』、湯通しした『じゅんさい』を入れて食べる。
e0298164_2124192.jpg

つるつるのじゅんさいと、歯ざわりのよい粘りのあるみず、それに鱈が合わさってとても美味しい鍋になった。

母の実家のそばにもじゅんさい沼があったようで、そこから売りに来たのを母の祖母が買って料理してくれたらしい。
売りに来ると一升買っていたらしい。(昔は一升桝だったらしい)」
32度近かった真夏並みの暑い日に、熱い鍋を囲むのもなかなかいいものだ♪
e0298164_2112590.jpg


お揚げピザで田沢湖ビール
今日27日は談春師匠の48歳の誕生日♪
ますます芸に磨きがかかっていい噺家になることでしょう、おめでとうございます。
e0298164_21153318.jpg

シラスとピーマンの千切りが山盛り入っている
e0298164_21194087.jpg


ただいま大雨警報が出ているが・・・・・・・今日のゆうやけ
e0298164_21203724.jpg

******************************************************
『なかよし』
e0298164_21212158.jpg

くろちゃんは甘えん坊、しろちゃんはおてんば
e0298164_2122813.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2014-06-27 21:22 | 郷土料理

夏日

お天気がいいのでソファーカバーや座布団カバーを洗った。
風もあり、気温は30度近くもあるからあっという間に乾いてしまう。

汗かきの母にシャワーしてあげる。
便利な椅子があればこんなに気持ちよくなれるのに、入院中は週に一度のお風呂しかなかった。
夏は本当にかわいそうで、シャンプーだけは私がやっていた。
病院にもこんなシャワー椅子が何台かあったら汗を流してあげられたのにと思った。
完全看護といっているから、家族の手は借りられないということか?
安静にといって寝かせておくからどんどん体の機能が衰えていくように思う。
何のための病院なのか?
残されたからだの機能を使えば、いろいろなことが出来るのに。
母のシャワーをしながらそんなことを思った。

洗濯物がまたどっさり出たので本日二度目の洗濯をした。
その間、母とアイスクリームを食べた。
冬のアイスもなかなかいけるが、暑い日のアイスクリームは美味しいなあ~。
エゴノキにはちいさなさくらんぼのような実が鈴なりになっている。
e0298164_1812130.jpg

ベランダに出るとかわいい鳴き声がした。子猫と目が合った。
e0298164_18244957.jpg

昨日お母さんに見つけてもらって、今日はくっついて歩いている。
言葉を持たない分、可愛がっている様子がわかる。
手前にちょっとだけお母さんが見える。
それにしても毎日どんなものを食べているのだろう。
e0298164_18251382.jpg

*****************************************************
素敵な帽子
近くの畑のにんにくの花
葱坊主がだんだん大きくなるとかぶっていた帽子が窮屈になって、つんつん上がってきてこんな風になるらしい。
目と口をつけたくなった。
強い風が吹くと軽い帽子は飛んでいってしまうのだろう。
e0298164_18182524.jpg


 晩ご飯
   水がれいのフライパン焼き
e0298164_18194564.jpg

 おべんとう
   チャーハン(ねぎ・たまご・ちくわ)暑くなるとお弁当に入れるものが難しくなる。
e0298164_18223780.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2014-06-26 20:22 | 日々のこと

あさやけ

太平山の山並みとあさやけの色がきれいです。
e0298164_6323861.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2014-06-26 06:32 | 自然

スモークツリー

我が家からほんのちょっといった所にあるスモークツリー
いつもの年より見事に煙っていた。
e0298164_18232695.jpg

ちょうどあるじが草むしり中で話すことができた。
今年は本当によく『ほわほわ』になったといっていた。
秋の紅葉はまた見事で赤のグラデュエーションが美しい。
うるしの仲間だからだろう。
 あるじの話だと、目立たない花の後に煙のようなほわほわが出てくるらしい。
調べてみたら花は『やぶがらし』の花に似ていた。
この木を見ると思い出すのがPlattersの煙が目にしみる
山下達郎の歌うこの曲も好きで時々聞きたくなる。
e0298164_18341997.jpg

******************************************************
季節の仕事 山椒の実
ただいまあく抜き中
昼ごはんの後細かい軸をはずしていたら、部屋中いい香り、日本のハーブだ!
でもその手でちょっと口にふれたら かるいひりひり、日本のハーブは案外強い。
e0298164_1839373.jpg


最後の紫蘭を生ける
e0298164_18401187.jpg

草の中でもけなげに咲いてくれた、紫蘭(実家の庭からもらってきた花)
e0298164_18413365.jpg

*******************************************************
見つかった!
昨日一日中探し回っていた母猫の声が耳について遅くまで眠れなかった私
夕方ベランダのゴーヤに水をかけていたら、いつもの場所で三匹いっしょだった。
安心してしばらく見ていた。
お母さん猫はとても穏やかな顔に戻っていた。
e0298164_18451427.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2014-06-25 17:16 |

まぶしい

大切な人に逢いたくて少しだけ遠出した。
長い道中 緑の濃くなった田んぼの中を走る電車がきれいだった。
高速でなかったのでこんな風景に立ち止まることが出来た。

線路の向こうに小さなお堂、ずっと向こうに見えるのは男鹿の『寒風山』(だと思う)
e0298164_17581443.jpg


午後から太陽が出ていいお天気になった。
田んぼにも日がさしてまぶしい!
e0298164_175948.jpg


90歳の人が作った『だまこ』秋田ではお手玉のことを『だまこ』という。
小豆が入ってとっても持ちやすい。
二つのお手玉を片手で操ってみた、出来た!
e0298164_18322.jpg

大切な人が元気でよかった。
『また会いましょうね。』
***************************************************
久々のカレーライス
 新じゃが・新にんじん・新たまねぎで作る今だけのカレー
 野菜が甘くてやさしい味になった。
e0298164_1948839.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2014-06-24 19:49 | 自然

袖振り合うも・・・・・・

昨日のこと、私達より少し送れて隣の席に来た方がいた。
入り口で『談春師匠グッズ』をお求めになっていたようで、バックからそれを出して見ていた。
筆でサインをした杉のうちわを見ていたので『いい香りですか?』と話しかけたのがきっかけで、話が弾んでしまった。
彼女は東京から来たらしく、談春師匠の三十周年記念公演はスタートの大阪からずっと聴きに行くらしい。
落語素人の私にいろんな事を話してくださり、幕が開くまでの30分間とても楽しく過ごさせてもらった。
『大阪の盛り上がりはやっぱり違いますよ~』
そしてお近づきのしるしにと師匠の顔が刻まれたマグネットを下さった。
(恐縮しながらも、すぐにいただいてしまった私)
彼女が使っていた手ぬぐいハンカチは『青海波』模様だった。
それでまた、手ぬぐいの話でも盛り上がった。
手ぬぐいの端っこはなぜ縫っていないかというたわいのない話で。
e0298164_17271078.jpg

仲いりのとき、私の名前を書いた小さな紙片を渡した。
こんなご時勢だから『住所と名前を教えてください』とは言えなかったのだ。
そしたら彼女は『ありがとう♪』と言ってくださり、バックから出した可愛い名刺をくださった。
名刺にはメールアドレスまで書いてあって恐縮した。
そして 私が渡した紙切れを見て「え!」とびっくりされた。
紙切れは母の通っているディケアのお昼の献立表の裏紙利用だったのだ。(笑)
それで驚いているのだと思っていたら 『私の旧姓〇〇なんです!え~びっくりしました。』
こんなことってあるんだ!となんだか感動してしまった。
題にあげた『袖振り合うも多生の縁』ということわざのとおりだ!
いまさらこのことわざの意味を書くまででもないが、私は前に『多生』を『多少』と思っていたので、しっかりと意味を書いておきたい。
『知らない人とたまたま道で袖が触れ合うようなちょっとしたことも、前世からの深い因縁であるということ。 』
前世は大げさだろうが、なぜか二人でとても親しみを感じ合ってしまった。

タクシーで駅まで行くというのでうちの車で駅までお送りして別れた。
彼女は翌日の盛岡公演へ向かったのだ。
楽しかった落語会の余韻に浸りながら『必ずお手紙を出そう!』今、そう思っている。
e0298164_17324655.jpg

          老舗和菓子屋の薯蕷饅頭
****************************************************
お昼ごはん 
かき揚げ(新たまねぎ・つるな(万能ほうれん草)・ブラックタイガー海老)
たっぷり添えたのはぴりりと辛い夏大根のおろし
e0298164_17365030.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2014-06-23 16:58 | うれしいこと

落語

昨日は楽しみにしていた立川談春の落語を聴きに行って来た。
座席は決まっているのに早くも小ホールへ行って並んだ。(ものすごい暑さ)
e0298164_16582776.jpg

何を噺してくれるのか?わくわくどきどき。
ちょうど去年の7月に市の企画で春風亭勢朝さんの落語を聴いて以来だ。
自分でお金を払って聴くという点では 初めての落語だ。
少し前、ブログの友達がこの本を送ってくださりじっくり読ませてもらった。
好きとはいえ、過酷な世界に飛び込んだ談春さんのこれまでのことが書かれていた。
『サラリーマンより楽だと思った』の言葉に若いってすごいなあ~と思ったが、だから今の彼が存在するのだ。
e0298164_17154517.jpg

さて演目はこのとおり
e0298164_17161820.jpg

一番目は弟子 立川春吾のお化けの気持ち・・・・・・・自作の落語だそうだ。
なかなかの美男子、いい声、談春さんのもとで成長していくのだろう。

何せ落語の知識など皆無に近い私なので、去年落語を聴いた時もそう思ったのだが、世間話をしていたのにあれ?いつの間にか落語に入っている・・・・・・・と驚いた。
でも、これが『マクラ』というものだな!とわかってきた。(2度目だから)
今夜最終回のルーズベルトゲームの話が出て、楽しく聴いていると、いつの間にか私は古典落語の世界へいざなわれていた。
もちろん『立川流』のことも、イエモト『談志』のことも、30周年公演のことも話された。
『秋田の地にはよい意味で落語が浸透している』と話された。
お世辞も少し・・・・あるかな?なんて思っていたら、秋田特選落語会なるものが立ち上がっていた。すごい!落語に対する熱意すごいな~。

談春さんの落語はすばらしかった。(直感的感想!)
どんどん吸い込まれていった。
話に出てくる徳力屋の主人や、大家さんや八つぁんの姿が浮かんでくるのだ。
大家さんの考えで最後は示談にしてもらうという落ち!
2時から始まり、あっという間の3時間、師匠の熱演振りに感動した。
『もとのその一』は千利休の言葉だそうだ。
e0298164_1810692.jpg

質のよい『笑い』は後味がよい、外も、いつの間にか快晴になっていた。
e0298164_1854635.jpg


隣の席の人と友達になった♪とってもうれしいこと♪そのことはまた後日

*****************************************************
美しい朝焼け(午前3時43分)
e0298164_1811693.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2014-06-22 17:32 | おでかけ


*いらっしゃいませ*


by hanamomo06

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体

郷土料理
自然
おでかけ
日々のこと
食べ物
おいしいもの
料理
いいもの
母の思い出話
季節の行事
うれしいこと

懐かしいこと
家で・・・
秋田
お菓子
未分類

最新の記事

引っ越します
at 2015-09-01 21:20
美辞麗句
at 2015-08-31 20:11
桂の木
at 2015-08-30 20:54
時代劇
at 2015-08-29 22:01
秋色紫陽花
at 2015-08-28 21:00

以前の記事

2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

フォロー中のブログ

APPLEPIE QUI...
夢見 油彦 の「ニッキは...
arinco's kit...
気まぐれフォト日記
ぽー&きぃ
まさかり半島日記
TERVE !!
アナログの家が好き!高座...
えいじのフォト徒然日記
人生万事塞翁が馬
もの思うゆえに
一花一葉
湘南発☆韓わん生活(ハウ...
梟通信~ホンの戯言
VANILLAな哲ちゃん...
毎日手紙を描こう★貰うと...
八十代万歳!  (旧 七...
ライフノート
草のいろ
更紗の国から
流木民
春のよき日に
Hello from K...
おうち*
暮らしのエッセンス   ...
維摩と語る
ハイチュウ Hai Trieu
たまがわ日和
お気楽散歩道 ...
押し花おばさんの気まぐれブログ
楽・遊・学・ビバ人生!!
明日晴れるかな
夢見る頃を過ぎても
一茎草花
ポルトガル便り~ヨーロッ...
●おのひきだし
やっぱり旅が好き♪
私がローマで独りで始めたわけ 
田園LIFE
四季日和
オランダおいしいくらし
アインのしっぽ
北鎌倉のお庭の台所・藤田...
思いのままに
オイシイって楽しい!
出来るかな日記6
てぶくろ
山歩路通信―さんぽみちつ...
絵日記日和
風と花を紡いで
気がつけば50代
あれこれ逍遥日記 Vol.2
そらいろのパレット
AKITTY's Room
驢馬の耳
ばぶなばぶ
Boke帽子Ⅱ
てくてく散歩 Ⅱ
花図鑑
桜さくさくほろ酔い日記

外部リンク

最新のトラックバック

偽装する経営者よ、落語で..
from 梟通信~ホンの戯言
こしあぶら
from オイシイって楽しい!
しめ彼岸
from まさかり半島日記
★おひなさまの記事トラッ..
from ありがとうはまほ(う)のことば

検索

その他のジャンル

画像一覧