<   2015年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

のいばら

お隣との境のフェンスみるみる間に『のいばら』でおおわれた。
どんどん伸びて白い花を咲かせている。
とげがあって痛いが、花はなかなか美形だ。
e0298164_20552752.jpg

知人が自分の山のあけびの蔓で編んでくれた籠にコップを入れ、エゴノキに吊るしてみたらきれいだ。
とげが痛くて誰も手をかけないから、去年の実もついている。
風に吹かれるとはらはらと散ってしまう。
ゲーテの詩にたくさんの作曲家が曲をつけている『野ばら』
なるほど、歌ってみると歌詞は一緒だ。
シューベルトとヴェルナーの2つが有名だが、私は後者の曲が好みだ。
この曲に歌われているのはイヌバラとも言われるロサ・カニーナという薔薇らしいが、今日出かけた先の庭に咲いている薔薇がよく似ている形だった。
e0298164_21185066.jpg

薔薇の種類はあまりに多くて覚えられないが、もともとはこの野薔薇を改良して作ったのかもしれない。
知人夫婦も今日は薔薇園に出かけたらしい、薔薇の季節が到来した。
梅雨の前のいい季節、暑さも一段落のいま、私も薔薇を見に出かけたい。
e0298164_2145920.jpg


昨日は30度近かったのに、今日は雨で気温が下がり20度(これがまともな5月の気温)
何か温かいものが食べたくて、お昼は久し振りの『お好み焼き』
熱々のお好み焼きの上にかけた削り鰹のフラダンスが見えるだろうか?
e0298164_2184085.jpg

********************************************************
茗荷の芽
先日採った茗荷の芽はこのいか寿司にいれたいと思った。
e0298164_21211357.jpg

外側の硬い皮をむいてさっとゆで、いかの中にキャベツ、きゅうり、にんじんの塩もみと一緒に詰めた。
それに酢をかけて二日置いたものがこのいか寿司。
青森のネット友koroちゃんのお料理を見て作ったら家族にも好評だった。
小さめのやわらかいいかとみょうがの芽は季節の出逢い♪
e0298164_21152546.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2015-05-31 21:15 |

とーすと

母はやっぱり風邪を引いたようで、昨夜は少し熱も上がり、主治医に薬を処方してもらった。
でも一晩ゆっくりと眠ったよう出、朝には少し元気になった。

それでいつもならバタバタする土曜の朝がなんともゆっくりとした土曜日らしい土曜日になった。
私は早くからおきだし、たっぷりとためてしまったYシャツにアイロンがけ。

久し振りにかけたのはバロック音楽(以前はもっと聞いていたのに)パッフェルベルのカノンを聴く。
ヨハン・パッヘルベルは1680年ごろこの曲を作ったそうだが、半世紀くらいの生涯の中で作った唯一のカノンで唯一有名になった曲だそうだ。

休むことなく元気に働いてくれたことに感謝しながら、一週間分のアイロンがけを済ませた。

母はまだぐっすりと眠っていたので、朝ごはんを食べることにした。
先日 料理家 細川亜衣さんのエッセイにトーストというのがあった。

我が家の朝食はほとんどご飯だから、パンを食べるのは数えるほど、それも私一人。
そして私がトーストを食べる時は一人のときと決めている。
簡単そうで、美味しく食べるにはとても難しい『とーすと』という食べ物。

細川さんのエッセイにも『本当に美味しくトーストを食べる秘訣は、一人で焼き、一人で食べることである。』と書いてあった。

オーブントースターを温め、他のものを用意する。
引き出物で取り寄せたトースターは火力が強くなって使いづらくなった。
すぐに焦げてしまう。
火力の弱い前のものがとても使いやすかった。

トースターの窓から目を離さずにパンを焼く。
うっすらと焦げ目がついてきたらさらに目を離してはいけない。
美味しい焦げ色が着く前に取り出し、切っておいたバターをひとかけのせる。
そして、とろりとバターが溶けてきたらすばやく全体に伸ばして、もう一度焼く。
ほんのちょっと、ちょうどよい焼き加減で取り出してお皿へ。

本当は写真など撮らずに食べるのがベスト。
熱々、こんがりのとーすと、こうやって食べる時はジャムなどというのものは不要だ。

細川さんはこんな風に焼いたとーすとにさらに冷たいバターをたっぷりのせて溶かして食べると書いてあったが、私はこれで十分、体にもこれがいいと思っている。
簡単そうに見えて、美味しく食べるにはとても気を使うとーすと。
細川さんも『一秒の無駄をも許されない、真剣勝負』と書いてあった。

陶芸家のご主人の焼いたお皿の上の亜衣さんの『とーすと』に負けないくらい美味しかった。
ちなみにパンは5枚に切ってもらった。
あのふっくら感を味わうには5枚切りがいいように思う♪
e0298164_1729331.jpg


すずきのムニエル
 
e0298164_20214583.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2015-05-30 16:55 | おいしいもの

こしあぶら味噌

奥深い山で採れた『こしあぶら』を「ほんの少しですが」といただいた。
主な山菜はもう終わったと思っていたら、奥深い山では今もまだ山菜が採れているらしい。
今生まれたばかりのように産毛に包まれたこしあぶら、この緑はいつもきれいだと見とれてしまう。
e0298164_1652611.jpg

こしあぶらは天ぷらでという定説を打ち砕くかのようにこの料理法を教えてくれたのは海辺に住む友人だった。
天ぷらにしてももちろん美味しいのはわかっているが、天ぷらという調理法はいろんなもののくせをなくしてしまう気がする。
食べやすくなる代わりに、そのものが持つ香りや苦味、特徴などを消してしまうように思う。
この『こしあぶら味噌』はこしあぶらの旨みをそのまま味わうことができて美味しい。
少量の油で刻んだこしあぶらを炒め、しんなりしたら味噌を入れて少し炒めるだけ。
早速夫のおにぎりにした。
軽く焼いてから味噌をつけ表面を乾かす程度にまた焼いた。
おかずは出し巻き卵、きんぴら、ほうれん草のおひたし、赤魚の粕漬け
e0298164_16574793.jpg


この味噌は炊き立ての玄米ご飯にもよく合って美味しかった。
たくさんあれば冷凍保存もできるが、今回はこれで全部。
また来年の季節を楽しみにしたい。
e0298164_16591179.jpg


まだ五月なのに今日の秋田は32度もあった。
明日の予想最高気温は25度、この変動に体がついていかない。
風があるのがせめてもの救いだが、母の熱を測ると37.2度。
体温調節が難しくなってきている高齢の人にとっては大変な試練だ。
水分補給をして様子を見なければと思っているが、入院ではなく在宅の難しさはこんなところにもあると感じる。
こちらが動揺しているとそれを察知して母も不安になるから、私は平静を保っていなければならない。
明日は少し過ごしやすくなりそうだから、ゆっくりさせてあげたいと思っている。
それで、今読んであげているのが先日テレビで見た『紅雲町珈琲やこよみ』の原作『萩を揺らす雨』
e0298164_17112862.jpg

富司 純子さんのしっとりと落ち着いた雰囲気を思い出しながら読んでいる。
それにしても暑いので、つぼみをつけ始めた紫陽花の花にも五月雨が欲しいと思った。

到来もの
 今朝釣ったと持ってきてくれた60センチのすずき
 ムニエルかな~。
e0298164_17152482.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2015-05-29 17:15 | 郷土料理

夏みたい

最高気温が28度もあった。
朝晩は冷たい風が吹き、寒いくらいでものすごい気温差がある。
さわやかな五月はまだ終わっていないのに、午後は夏のように暑い。

千切りの生姜を入れて漬けたきゅうりの浅漬けが妙に美味しく感じる。
スーパーのチラシに『ところてん』の特売。
スイカも出てきたがまだ高めだからもう少し待とう。
風呂上りの牛乳がおいしい!
冷たい麦茶を作り始めた・・・・・夏を感じることがこんなにある。

庭に出るとクローバーに混じってピンクのカタバミが咲いていた。
外国から来た花だそうだが、焼きしめの花入れにもよくあっている。
e0298164_20321654.jpg

来客のない日、母の髪を洗ってあげた。
半そでのTシャツを着せたが、今日は寒いと言わなかった。
お昼は冷やし中華、麺を氷で冷やして食べたら美味しかった。
e0298164_2038533.jpg


午後の自分の時間、じっくりと日記を書く。
PCばかりだと文字を忘れてしまう。
日記を書くことは自分と向き合う大事な時間だ。

君もひとりで自分と向き合っているの?
くいの上でじっと動かないかえるくん。
e0298164_20475470.jpg

***********************************************************
おべんとう
 おかか弁当(ご飯、おかか、ご飯。おかかの二段重ね)
 魚肉ソーセージ、卵焼き、たけのこ煮物、ほうれん草の胡麻和え
e0298164_20492445.jpg


Moreゆうやけ
[PR]
by hanamomo06 | 2015-05-28 20:34 | 自然

えごの花

目が覚めたらしとしとと雨が降っていた。
昨日、いただいてきて植えた花にも恵みの雨となった。
e0298164_2043638.jpg

ベランダに出ると、手すりにえごの花が一輪散っていた。
この花は咲いたと思うとすぐに散ってしまう。
かすかな風や、ミツバチが蜜を吸うためにもぐっただけで散ってしまうのだ。
散ってちょっと寂しそうな花のうしろ姿
e0298164_20221045.jpg

今年は少し葉が少ないと心配していたが、いつもどおりびっしりと小さな星のような花が咲いてくれた。
e0298164_20233038.jpg

朝食の間中雨はちりちり降って葉を濡らした。
えごの花はどの角度から見ても可愛い花だ。
e0298164_2025216.jpg

少なくなったというミツバチが花の匂いに誘われてやってきた。
実に働き者で、休みなく花から花へ渡り、蜜を吸っている。
花が終わると涙の形の青い実がつく。
そしてそれが硬いナッツになるころ、かわいいやまがらたちがにぎやかにやってくる。
小さな生き物達は一本のえごの木のめぐみをそれぞれ季節を分けて受けている。
e0298164_20292331.jpg

***********************************************************
みょうがの芽
 昨日蕨を採った場所にあったたくさんのみょうがの芽。
つんつんと小さな角のような芽を摘ませてもらい、お味噌汁にした。
ほのかに茗荷の香りがしてこの季節だけの美味しい味噌汁になった。
e0298164_20333080.jpg

蕨たたき
e0298164_2034198.jpg


お弁当
 昨日(きんぴら、肉野菜炒め、卵焼き、きゅうりの生姜漬け、塩鮭)
e0298164_20362031.jpg

 今日(おにぎり、わらび、かぼちゃ、筍と油揚げの煮物、花豆の甘煮)
e0298164_20381548.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2015-05-27 20:38 |

誘われて・・・・

母がリハビリに出かけて、掃除を済ませ、洗濯物を干し、一休みしていたら、『ピンポ~ン』
近所のMさんだった。
『momoちゃん、蕨採りにいかない?』というお誘いだった。
長袖に着替え、首にはタオルを巻き、日焼け止めをたっぷり塗り、長靴はいて我が家から25分ほどの場所へ。
蕨とり開始!友人のところにあるような黒蕨ではないが、折れるところから『ぽきん、ぽきん』と折って収穫した。
もうこれでいいなあ~と思っても、またいいのを見つけると欲が出て採ってしまう。
袋に一つ収穫して、切り株に腰掛けて彼女が用意してくれたおにぎりを食べる。
私は甘いお菓子を持参、冷たい麦茶(今年初)で喉を潤し、彼女の実家へ行く。
我が家から小さく見える太平山が、すばらしい眺めになっている。
e0298164_20373492.jpg

山の中の田んぼにも水が張られ、もうすぐ田植えが始まるらしい。
柿の木にもぴかぴかの新緑。
e0298164_203997.jpg

上流の渓谷の水を引いているというが、田んぼの周りをこんなにきれいな水が流れている。
飲んでも美味しいそうだ。
e0298164_20411311.jpg

帰宅して、蕨の灰汁抜き。
冬の味噌汁に入れたいから一束だけ塩漬けする。
帰宅したあたりから、目がかゆく、くしゃみを何回もした。
花粉症なのかもしれない。
アレルギーの症状というのは年代によって変化するらしい。

今日の収穫
e0298164_11122814.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2015-05-26 20:44 | 自然

アカシアの花

買い物に行く途中にあるアカシアの花が咲いた。
今から150年近く前に日本へ渡ってきた木だという。
風に乗って甘い香りが私の元に届く。
マメ科だから、花は豆の花に似ている。
e0298164_2018063.jpg

幹に鋭い棘があることから和名は『針えんじゅ』
昨年友人達と主婦がやっているおしゃれなカフェで食事をしたら、アカシアの花の天ぷらが出てきた。
この花以外のところには毒があるらしいのだ。
アカシアの蜂蜜は有名で、このはなで作るお酒も甘くいい香りがするらしい。
アカシアの木の下はおばあさんが畑を作っている。
白い花房の隙間からおばあさんの畑のあやめが見えた。
e0298164_20241841.jpg


庭のクレマティスも咲き始めた。
初花を切ってイタヤの籠にいけた。
e0298164_20253537.jpg

鉄線(てっせん)という名前の通り、茎は細いけど強くてしっかりしている。
うしろ姿もなかなか美しいので写真を撮ってみた。
チチ様、今年もきれいに咲きましたよ~。
e0298164_20265050.jpg

*********************************************************
おべんとう
 ソース焼きそば
 昨日の鱈フライ、サラダ、小松菜のナムル、あんずのカリカリ漬け
e0298164_2028467.jpg


晩ご飯
 身欠きにしんを炙ったもの
e0298164_2029456.jpg

こんな風に木箱に詰められて売られている。
e0298164_20301217.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2015-05-25 20:30 |

夏日

我が家から見える大きな桐の花が今年はまだ咲かない。
昨年は6月に入ってから見つけたから、もう少し待ってみよう。
昨日、帰り道大きな桐の木を見つけた。
風が強かったので、花は散り始めていた。
e0298164_17534110.jpg

りんご、利休梅、うのはなと白い花に続いて、紫の花がきれいになった。
田んぼ脇の林には黒々とした杉の木に絡まった藤の花が見事だった。
田植えの人たちも顔を上げたとき、この美しい藤色を見ると心和むことだろう。
e0298164_17554590.jpg


こちらはもう少し前のこと。
古い家の屋敷林の杉の大木にお札がくくりつけられていた。
e0298164_1814043.jpg

『道饗祭 霊符』と書いてあった。
民間信仰だろうか。
e0298164_1815717.jpg

田舎に嫁いだ父方の叔母の家にもこんな屋敷林があって、行くとよくそこで遊んだ。
こんな景色を見ると、あの林の湿った草の匂いが懐かしく思い出される。
e0298164_1843161.jpg


部屋の手ぬぐいを棚田に替えた。
昔は犬も田んぼに連れていって放していた。
これも少し前の風景だな~と思った。
e0298164_188616.jpg

********************************************************
車のテレビで見た番組
ダイエットカウンセラ伊達友美さんを始めて知った。
いろいろ参考になることがあったが、ご飯がいいこと、一日、手のひら二つ分のたんぱく質を摂る事、いい油を摂る事などが大切らしい。
韓国の人たちにはおなじみのエゴマ、そのえごまの油が体にいいことは知っていた。
熱に弱いのでドレッシングなどを作って生で食べるのがいい。
それと三食に汁物を添えること、などなど。

揚げ物はなるべく昼に食べるのがいい。
今日の昼は初めからメニューを決めていた、鱈のフライ。
秋田のレタスの千切り、トマトを添え、大根の味噌汁を作った。
e0298164_18193453.jpg

それにしてもおやつはナッツ類がいいとのことだった。
でも、それだけでは我慢できないな。
ナッツ類といえば、昨日お昼に作った稲荷ずしの酢飯に、母の真似をして、軽く炒って刻んだ胡桃を混ぜたらとても美味しかった。
自分の屋敷の胡桃だといって送ってくれたもので、ものすごく味がよかった。
e0298164_18233913.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2015-05-24 17:43 | 自然

田植え風景

今日は買い物をやめて、ちょっと郊外へ足を伸ばした。
5月中旬の土曜日、農家の人たちは田植えの真っ最中だった。
このごろは兼業農家が多いので、休みの日に実家を手伝って田植えを済ます人たちも多いのだろう。
風が強くて水が張られた田んぼにはさざなみがたっていた。
e0298164_17443260.jpg

苗を田植え機にのせて田植えはどんどん進んでいく。
e0298164_17455076.jpg

でもそれは機械のかなしいところ、やっぱり手直しが必要だ。
『補植』というのだそうだ。
植え終わった田んぼに女性が二人入って植えていた。
e0298164_17501127.jpg

右側の畦道にはマーガレットの花が真っ白になって咲き乱れていた。
反対側の田んぼでは、田ならしをしていた。
ご夫婦だろうか、ご主人が指示し、奥さんらしい女性が地面をならしていた。
e0298164_17523134.jpg

角にある升には水がとうとうと流れている。
気温がもう少し上がればいいなあ~と田んぼの田の字も知らない私が思う。(笑)
生き生きと働く人々の姿を見るのはいい、こちらも帰ったらあれもしよう、これもしようと思うのだから不思議だ。
ちょっと小高いところから田んぼを見下ろす。
手前の田んぼは明日植えるのかな。
e0298164_1755493.jpg

野の花も美しい、ハルジオンのピンク、黄色いのは何だろう?
それを包み込むように青いきゅうり草が群生している。
帰る頃、田植え機が一斉に止まった。
これから『たばこ』の時間だな。
e0298164_184667.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2015-05-23 17:38 | 自然

身欠きにしん

今日も強い風が一日中吹いていた。
洗濯物はひるがえり、あっという間に乾いたので家の中に取り込んだ。
窓を閉めると暑苦しく、開けると風が入りすぎて肌寒い。
それで窓を閉め、袖長めの半そでを着て過ごした。
快適に過ごすことはなかなか難しいものだ。

今きれいな花、白いマーガレット、毎年出てきてどんどん増える。
e0298164_2037584.jpg

庭の隅に根付いてしまった『タニウツギ』
こちらでは忌み嫌われている花だが、こうしてみるときれいな花だ。
植えたのではなく、勝手に生えたのだからいいと思っている。
e0298164_20382836.jpg

友人が送ってくれた孟宗筍を身欠きにしんと煮た。
他の具はこれといって珍しいものではないが、身欠きにしんの旨みのあるだしが、しらたきにもにんじんにも筍にも浸みてすごく美味しい煮物になる。
鰊は骨が多くて食べにくい魚だが、こうって干すことで、骨もそれほど気にならなくなり、旨みが凝縮されて美味しいだしが出る。
e0298164_2041311.jpg


こっちは身欠きにしんを入れた味噌汁
根曲がり竹と身欠きにしん、わかめをいれて食べるのは青森の食べ方。
ブログ友のHanaさんのを見て作りたくなった。
初めてだったが、家族みんな美味しいと言った。
いいだしで筍がしゃきしゃきして、わかめがとろとろで言うことなし。
Hanaさん、美味しい食べ方教えてくれてありがとう♪
e0298164_2046561.jpg


おべんとう
 飲み会なので捨ててきてもいいものに詰めた。
 こんな詰め方も遠足みたいで楽しいな♪
e0298164_20495387.jpg


※買い物に行って思ったこと
消費税が8パーセントになってから、それだけでなく食べ物の値段がかなり上がっている。
物を買うときよく考えて買っているつもりだが・・・・・・。
先月母の本で平林亮子さんのエッセーを読んだ。
『レシートをよく見ていい買い物をしよう』と呼びかけている。
『いい買い物だったなあ~』とあとで思い出せるようなレシートが増えていくのが理想だとも書いてあった。
レシートを見直してみるといろんな事が見えてくるらしい。
私ももう一度レシートチェックしてみようかな。

おととい雨あがりの道路で見つけたケンケンパの跡
e0298164_2124340.jpg

[PR]
by hanamomo06 | 2015-05-22 21:03 | おいしいもの


*いらっしゃいませ*


by hanamomo06

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体

郷土料理
自然
おでかけ
日々のこと
食べ物
おいしいもの
料理
いいもの
母の思い出話
季節の行事
うれしいこと

懐かしいこと
家で・・・
秋田
お菓子
未分類

最新の記事

引っ越します
at 2015-09-01 21:20
美辞麗句
at 2015-08-31 20:11
桂の木
at 2015-08-30 20:54
時代劇
at 2015-08-29 22:01
秋色紫陽花
at 2015-08-28 21:00

以前の記事

2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

お気に入りブログ

APPLEPIE QUI...
夢見 油彦 の「ニッキは...
arinco's kit...
気まぐれフォト日記
ぽー&きぃ
まさかり半島日記
TERVE !!
アナログの家が好き!高座...
えいじのフォト徒然日記
人生万事塞翁が馬
もの思うゆえに
一花一葉
湘南発☆韓わん生活
梟通信~ホンの戯言
VANILLAな哲ちゃん...
毎日手紙を描こう★貰うと...
八十代万歳!  (旧 七...
ライフノート
草のいろ
更紗の国から
流木民
春のよき日に
Hello from K...
おうち*
暮らしのエッセンス   ...
維摩と語る
ハイチュウ Hai Trieu
たまがわ日和
お気楽散歩道 ...
押し花おばさんの気まぐれブログ
楽・遊・学・ビバ人生!!
明日晴れるかな
夢見る頃を過ぎても
一茎草花
ポルトガル便り~ヨーロッ...
●おのひきだし
やっぱり旅が好き♪
私がローマで独りで始めたわけ 
田園LIFE
四季日和
オランダおいしいくらし
アインのしっぽ
北鎌倉のお庭の台所・藤田...
思いのままに
オイシイって楽しい!
出来るかな日記6
てぶくろ
山歩路通信―さんぽみちつ...
絵日記日和
風と花を紡いで
気がつけば50代
あれこれ逍遥日記 Vol.2
そらいろのパレット
AKITTY's Room
驢馬の耳
ばぶなばぶ
Boke帽子Ⅱ
てくてく散歩 Ⅱ
花図鑑
桜さくさくほろ酔い日記

外部リンク

最新のトラックバック

偽装する経営者よ、落語で..
from 梟通信~ホンの戯言
こしあぶら
from オイシイって楽しい!
しめ彼岸
from まさかり半島日記
★おひなさまの記事トラッ..
from ありがとうはまほ(う)のことば

検索

人気ジャンル

画像一覧